【卒花ウェディングレポ】親族だけで行う《家族婚》を選んだ理由と、終わってみて感じた魅力♡のトップ画像

【卒花ウェディングレポ】親族だけで行う《家族婚》を選んだ理由と、終わってみて感じた魅力♡

2017.04.05 Wed.
26きゅん

卒花しました*

こんにちは、marry編集部のkeikoです。

みなさんと同じプレ花嫁だった私ですが、とうとう4月2日に結婚式を挙げました*

私の結婚式準備期間は半年と比較的短かったのですが、marryで情報収集しつつ、こつこつ準備を進めていました♡

少人数で行う『家族婚』の魅力を伝えたい*

私の結婚式は、親族のみで行う少人数の家族婚でした。彼と私の家族、計20名が集まって、仏前結婚式と披露宴を行いました*

知人や友人は招待せず、本当に近い関係の親族のみ。(その代わり、別日に知人・友人だけの1.5次会を行います♡)

【卒花ウェディングレポ】親族だけで行う《家族婚》を選んだ理由と、終わってみて感じた魅力♡にて紹介している画像
0
@keiko_tk03

準備期間中は、「家族婚ってどんな雰囲気なんだろう」「披露宴の演出は何をすればいいんだろう」と疑問だらけでしたが、終わってみると、「本当にやってよかった!!」と思える結婚式でした♩

今回は、私が家族婚を選んだわけと、実際に少人数の結婚式・披露宴を経験してみて、感じた魅力をお伝えします♡

同じように、少人数結婚式や家族婚を検討しているプレ花嫁さんの参考になれば幸いです。

➡marry編集部keikoのインスタグラムアカウントはこちら♡仲良くしてください*

【卒花ウェディングレポ】親族だけで行う《家族婚》を選んだ理由と、終わってみて感じた魅力♡にて紹介している画像
0
@keiko_tk03

『家族婚』を選んだわけ*

私たちが家族婚というスタイルを選んだ理由は、「家族が中心の結婚式にしたい」「両家の仲を深めたい」という気持ちが強かったからです。

私たち夫婦はふたりとも、10年近く前に地元を離れているので、家族と顔を合わせる機会は年に数回しかありません。だからこそ、結婚式の場では家族にゆっくりお祝いしてもらいたい、という思いがありました♡

友人が大勢来てくれる大人数の結婚式では、なかなか家族と話すタイミングがないという話を聞いていたので、それなら家族と友人と分けて2回結婚式をしよう!と決めました。

また、お互いの実家が離れており(片道7時間近くかかります)、中々両家が顔を合わせることができないため、結婚式を機会にお互いの家族同士がもっと仲良くなれたらいいな…とも思っていました。

大人数の披露宴では、両家の着席するテーブルが違いますが、家族婚の場合は、両家が同じテーブルに座ることができます。

「家族が中心の結婚式にしたい」「両家の仲を深めたい」という希望を叶えるのに、家族婚はぴったりでした。

【卒花ウェディングレポ】親族だけで行う《家族婚》を選んだ理由と、終わってみて感じた魅力♡にて紹介している画像
0
@keiko_tk03

そんな理由で少人数の家族婚を選んだ私たちですが、終わってみて「本当に家族婚にしてよかった」と思っています♡

実際に経験して感じた魅力をいくつかご紹介します*

家族婚の魅力①家族の一体感が増す♡

私たちの結婚式では、受付や司会、進行表作り、引き出物選びなど、全て家族・親族で行いました。

そのため、結婚式の数か月前は、普段連絡を頻繁にとらない両親や兄弟と、毎日のようにLINEや電話でやりとり。

準備は大変でしたが、家族みんなで何かを準備することなんてしばらくなかったので、とても楽しかったです。

結婚式という大イベントに向け、家族の一体感が増した気がしました。

【卒花ウェディングレポ】親族だけで行う《家族婚》を選んだ理由と、終わってみて感じた魅力♡にて紹介している画像
0
@keiko_tk03

家族婚の魅力②歓談の時間が長くてもいい♡

家族婚の場合、披露宴でどんな演出をするかが一番の悩みどころではないでしょうか。

演出なしで会食のみ、というパターンもありますし、普通の披露宴と同じようにケーキカットやムービーの演出を取り入れる場合もあります。

私たちはその会場で一番シンプルな会食プラン(料理・飲み物・装花のセット)を選び、鏡開きとウェディングケーキ、サンクスムービー、両親への記念品贈呈の演出を追加しました。

それでも、2時間の披露宴中1時間半近くが歓談の時間。

【卒花ウェディングレポ】親族だけで行う《家族婚》を選んだ理由と、終わってみて感じた魅力♡にて紹介している画像
1
@keiko_tk03

でも歓談の時間が長い分、お互いの家族が色んな話をして関係性を深めることができました!

両家をごちゃまぜにして、世代ごとに3つの円卓に分けたので、私の叔父と彼の兄が仲良く喋っていたり、お互いの祖父が登山の話で盛り上がったり…

普通の結婚式ではなかったであろう両家の交流が生まれて、本当に良かったです◎

【卒花ウェディングレポ】親族だけで行う《家族婚》を選んだ理由と、終わってみて感じた魅力♡にて紹介している画像
0
@keiko_tk03

家族婚の魅力③料理がしっかり食べられる♡

一般的な結婚式では、新郎新婦はほとんど料理に手を付けられません。

いろんなゲストが入れ替わり立ち代わり高砂に来てくれるので、せっかくのお料理を食べている暇がなかったのが後悔…というのは”卒花あるある”ですよね。

私たちは3つの円卓テーブルを30分ごとに回りながら、みんなと一緒におしゃべりを楽しんだので、十分すぎるほど料理を食べることができました♡

彼や私の家族と「これ美味しいね!」と感想を言い合いながら、結婚式のごちそうを頂くのは、とっても幸せな時間でした♡

【卒花ウェディングレポ】親族だけで行う《家族婚》を選んだ理由と、終わってみて感じた魅力♡にて紹介している画像
0
@keiko_tk03

家族婚の魅力④柔軟に進行を変えられる♡

結婚式では、予定外のハプニングがつきもの。進行がおしたり、演出の順番が変わったり…

たくさんのゲストをお招きし、演出いっぱいの結婚式をやる場合、分単位のスケジュールに追われることになりますが、家族中心のゆったりした結婚式なら多少のハプニングがあってもどっしり構えられます◎

【卒花ウェディングレポ】親族だけで行う《家族婚》を選んだ理由と、終わってみて感じた魅力♡にて紹介している画像
0
@keiko_tk03

私たちの結婚式でも、ハプニングではないですが、当日いきなり演出が追加されました。

披露宴の最初に祖父が伝統的な嫁入りの民謡を歌ってくれたのですが、歌い足りなかったようで(笑)、披露宴の途中でサプライズで2曲目を披露してくれました。

たくさんゲストをお招きしている披露宴だったら、「ヤバイ!おじいちゃん勝手に何やってるの(汗)」となっていたと思いますが、家族だけのアットホームな雰囲気の為、時間にも気持ちにも余裕があったので、むしろ盛り上がりました*

祖父もとっても喜んでいたので良かったです♡

【卒花ウェディングレポ】親族だけで行う《家族婚》を選んだ理由と、終わってみて感じた魅力♡にて紹介している画像
0
@keiko_tk03

『家族婚』おすすめです*

以上、私が実際に経験した、少人数の親族だけで行う『家族婚』のウェディングレポでした♡

当日は最高に素敵な時間を過ごせましたし、結婚式中の写真も、もちろん写っているのは家族だけなので、全カットが両家の宝物になりました*

実際に、大人数の結婚式を挙げた彼のお兄さんも、「自分が親なら、こんな結婚式が嬉しい」と言っていたそうです。

【卒花ウェディングレポ】親族だけで行う《家族婚》を選んだ理由と、終わってみて感じた魅力♡にて紹介している画像
0
@keiko_tk03

もし家族だけで結婚式をやるか悩んでいる花嫁さんがいたら、自信をもっておすすめしたいです!

家族・親族のみで行う少人数の家族婚は、家族同士や両家の絆が深まる、幸せな結婚式になること間違いなしです♡

さらに友人や知人を招いたお披露目パーティーを別日に行えば、二度プレ花嫁気分を味わえますよ*

➡marry編集部keikoのインスタグラムアカウントはこちら♡仲良くしてください*

この記事に関連するキーワード

ジャンルから好きな記事を探す♡

読みたい記事をここから検索!