ちょっと大物の結婚式DIY♡ゲストに一日の流れを説明する【タイムラインボード】が珍しい

きゅん

〔ウェディングタイムライン〕って知ってる?*

海外発のウェディングアイデア、〔ウェディングタイムライン〕をご存知ですか?

ウェディングタイムラインとは、結婚式の一日の流れをゲストに説明するアイテムのこと。

受付開始時間だけでなく、

☑挙式や披露宴の開始時間

☑ケーキカットの時間

☑アフターパーティーの開始時間

など、すべてのスケジュールをゲストに伝えることができるペーパーアイテムです*

日本でも、おしゃれなウェディングタイムラインのアイデアは浸透中。

特に別々の会場で挙式と披露宴を行う場合や、そのまま二次会に移動してもらう場合など、「次って何時からどこに行けばいいんだっけ?」とゲストを困らせずに済むので、一日の進行がとってもスムーズに♡

ちょっと大物の結婚式DIY♡ゲストに一日の流れを説明する【タイムラインボード】が珍しいにて紹介している画像
@ayayakko0812.1103

そんなウェディングタイムラインのアイデアですが、

今までは海外でも日本でも、カードに印刷して招待状と一緒に発送するのが定番でした。

でも最近は、また違った方法でタイムラインをゲストに知らせるアイデアが登場しているんです♡

タイムラインボードが新しい♡

それは、ウェディングタイムラインを記した、タイムラインボード!

招待時に流れを伝えるペーパーアイテムのウェディングタイムラインと違って、当日やってきたゲストにその場で確認してもらうスタイルです*

ペーパーアイテムではなく、ボードでウェディングタイムラインを記したタイムラインボード。一体どんないいことがあるのか、ご紹介します*

メリット①ウェルカムスペースの装飾になる♡

一番の嬉しいポイントは、結婚式場の装飾アイテムになるところ。

時刻とイベントが記されたウェディングタイムラインは、ウェルカムスペースや待合室をおしゃれな雰囲気にしてくれます。

ウェルカムボードのようにデザインにこだわっても良いですし、こんな風に木箱の底に書いても面白い♡

すのこを利用したタイムラインボードもありました◎

フェイクグリーンや造花、フェアリーライトで飾れば、存在感のあるウェルカムアイテムに。

このボードの前でゲストが写真を撮ってくれそうです*

メリット②準備するのが簡単*

デザインをパソコンで作って、ゲストの人数分印刷しなければならないペーパーアイテムのウェディングタイムラインと比べて、

タイムラインボードは準備が簡単。

板や鏡に白いポスカで文字を書くだけでもおしゃれに仕上がるから、DIYに時間がかけられないというプレ花嫁さんでも挑戦できます♡

印刷と違って、失敗したら書き直せるのも嬉しい*

メリット③ギリギリになってもDIYできる*

また、招待状と一緒に発送する必要がないので、本番が近づいてきてからDIYに取り掛かることができるのも魅力♡

招待状をゲストに送る段階では、まだ細かい時間が決まっていないかもしれないですし、今後進行を変更する可能性だってありますよね。

タイムラインボードは、当日の朝ゲストに見てもらうアイテムなので、内容がすべて決まってから準備に取り掛かることができます♡

招待状を送ってからウェディングタイムラインのアイデアを知って、「取り入れれば良かった…!」と後悔している方にもおすすめ♡

タイムラインボード、DIYしてみて*

ゲストに結婚式の一日のスケジュールをおしゃれに伝える、タイムラインボード。日本にはまだまだ広まっていないアイデアだからこそ、用意したらビックリされるはず♡

おしゃれなウェルカムスペースの一部として、ゲストへのおもてなしとして、ぜひ取り入れてみてください♩

この記事に関連するキーワード