1着に絞れなかったらこれもあり!ウェディングドレスを2着きる〔白から白へのお色直し〕が贅沢♡のトップ画像

1着に絞れなかったらこれもあり!ウェディングドレスを2着きる〔白から白へのお色直し〕が贅沢♡

2018.08.22更新!!
きゅん

お色直しはカラードレス・色打掛が定番だけど。

結婚披露宴でのお色直しは、純白のウエディングドレスから、カラードレスもしくは色打掛へと衣裳替えするのが定番。

古来では、花嫁が嫁入り時に純白の白無垢を纏うことで「これからどんな色にも染まります」という覚悟を表し、その3日後色打掛けに掛け替えることで「嫁ぎ先の家風に染まります」という思いを表明するという風習がありました。

披露宴の途中で、ウェディングドレスからカラードレスへ衣装を変える現代のお色直しは、その名残。

1着に絞れなかったらこれもあり!ウェディングドレスを2着きる〔白から白へのお色直し〕が贅沢♡にて紹介している画像
2

お色直しもウェディングドレスって、ありですか?

ところが最近は、カラードレスや色打掛ではなく、ウエディングドレスからウエディングドレスへお色直しする花嫁さんが少しずつ増えてきています。

”運命の一着”とよく言いますが、世の中には可愛いウエディングドレスがたーーくさんあります。お気に入りが2着あって、泣く泣く1着あきらめたという経験のある卒花さんは少なくありません。

恋愛結婚が多い今、お色直しも「旦那様の家風に染まる覚悟を」なんて時代ではないですよね。

一生に一度のウエディングドレス、「これだ」と思ったものが2着あるなら、固定概念にとらわれず両方着ればいいのです♡

1着に絞れなかったらこれもあり!ウェディングドレスを2着きる〔白から白へのお色直し〕が贅沢♡にて紹介している画像
0

白から白へのお色直し、実際の事例が気になる!

とはいえ、白から白へ花嫁さんがお色直しをする披露宴に、実際に出席したことのある方は少ないはず。

1着目と2着目のウェディングドレス、それぞれを選ぶポイントや、実際に選んだドレスのデザインが気になります!

そこでこの記事では、実際にウェディングドレスからウェディングドレスへお色直ししたおしゃれな先輩花嫁さんの事例をご紹介♡

ドレスのデザインだけでなく、ヘアスタイルや小物の合わせ方なども参考になりますよ*

1着に絞れなかったらこれもあり!ウェディングドレスを2着きる〔白から白へのお色直し〕が贅沢♡にて紹介している画像
0
@sr_wedding_1123

ウェディングドレス2着*白から白へのお色直し事例①

花嫁さんが一着目に選んだのは、『ANTONIO RIVA(アントニオリーヴァ)』のSOUDEHというドレス。

挙式ドレスは、バックスタイルに特徴があるものが着たい!と思っていたそうです。

髪型はシンプルなアップスタイルで、ドレスをメインにするために、挙式ではアクセサリーもパールイヤリングのみを着けたそう。

ホテルウェディングらしい、豪華でクラシカルな花嫁コーディネートです♡

そしてお色直しのウェディングドレス2着目は、オートクチュールのマーメイドドレス♡マーメイドはラインが命ということで、一からオーダーしたそうです。

ヘアスタイルも大人っぽいダウンスタイルへチェンジ。

ボリュームたっぷりのハリのあるAラインのウェディングドレスから、体のラインが出る総レースのドレスへのお色直しは、同じ白でも印象がガラっと変わりますね*

ウェディングドレス2着*白から白へのお色直し事例②

ミカドシルクのプリンセスラインのウェディングドレスに、長袖の総レースボレロを合わせて、大人っぽく着こなした花嫁さん。ヘアスタイルは低めのシニヨンで、イメージはキャサリン妃♡

こちらは、初めて訪れたドレスサロン『Galleria collection』で一着目に着たウェディングドレスだそう。初めて試着したドレスが運命のドレスだった場合、『シンデレラドレス』と呼ばれるそうです♡

そして2着目のウェディングドレスは、ナチュラルな雰囲気のエンパイアドレス♡

ウェディングドレス探しの途中で出会ったこちらのドレスにも一目惚れして、両方着ることになったそう。

小花のカラフルなウェディングブーケを合わせて、ふんわり柔らかい花嫁コーディネート♡

新郎さんも花嫁さんに合わせて、ギンガムチェックのシャツとイエローの蝶ネクタイでカジュアルおしゃれな着こなしに。

ウェディングドレス2着*白から白へのお色直し事例③

続いての花嫁さんが選んだ1着目のドレスは、verawangのヘイリー♡ふわっふわのチュールスカートが特徴の、人気のウェディングドレスです。

ヘアスタイルはお団子にお花を飾って、可愛らしい雰囲気に。グリーンいっぱいのガーデンウェディングに似合いますね♩

2着目のウェディングドレスは、ボリュームたっぷりのヘイリーとは真逆の、スレンダーなマーメイドドレス。

披露宴の後半、花嫁の手紙の代わりにお父様へ向けてフラダンスを披露した花嫁さん。どうしても白いウェディングドレスを着た花嫁姿で踊りたいと思い、白から白へのお色直しに決めたそうです*

元気で可愛らしい雰囲気から、しっとりと大人っぽい雰囲気にガラッと印象をチェンジ♡

ウェディングドレス2着*白から白へのお色直し事例④

こちらの花嫁さんが1着目に選んだのは、立体的な刺繍が施されたVネックのウェディングドレス♩ドレスサロン『ミラーミラー』で出会ったドレスだそうです。

ふわふわのチュールスカートが柔らかく優しげな雰囲気*

ヘアスタイルは低めのシニヨンにシルバーのバックカチューシャを合わせて、大人可愛く仕上げています。

そして2着目に着たのは、なんとパンツスタイルのウェディングドレス!中のパンツをデニムに変えて、個性的に着こなしています。

ヘアスタイルも高めのお団子+オールアップの前髪で、元気な印象にチェンジ♩

花嫁さんのデニムに合わせて、新郎さんもデニムのジャケットを着こなしています。

パンツスタイルのウェディングドレスなら、白から白でもゲストをびっくりさせることができそうですね♩

海外ブランドにはパンツスタイルのウェディングドレスも多いので、興味のあるプレ花嫁さんは探してみて*

ウェディングドレス2着*白から白へのお色直し事例⑤

こちらの花嫁さんは、『DAVID FIELDEN(デヴィッドフィールデン)』のウェディングドレスを2着きたそう!

カラードレスにはあまり興味がない反面、ウェディングドレスを一つに絞れず悩んでいたところ、新郎さんから「白2着もありじゃない?」と言ってもらえたそう♡

1着目は、キラキラの繊細な刺繍がトップに施されたビスチェタイプのウェディングドレス*

2着目は、シースルーのネックがついたストレートラインのおしゃれなウェディングドレス*

オスカーデラレンタのイヤリングを合わせて、大人っぽく着こなしています♡

ヘアスタイルは、シニヨンからふわふわのローポニーへチェンジ。

ビスチェから袖のあるウェディングドレスへの変化は、ゲストもパッと違いが分かりやすいのでおすすめ♩

ウェディングドレス2着*白から白へのお色直し事例⑥

1着目にマーメイドラインのウェディングドレスを選んだ花嫁さん。花模様のトップスはウエストラインがシースルーになっていて、お腹がチラ見えするのがおしゃれ*

ショートグローブを合わせて、海外感のある大人っぽい花嫁コーディネートに♡

1着に絞れなかったらこれもあり!ウェディングドレスを2着きる〔白から白へのお色直し〕が贅沢♡にて紹介している画像
0
@yco_wed

2着目に選んだのは、ミモレ丈×ハンドでレースのウェディングドレス。ウエストのブルーのギンガムチェックがポイントです♡

ミモレ丈ドレスは同じ白でも印象が大きく変わりますね*

お団子ヘアに合わせたチュールのヘアバンドも可愛い!

1着に絞れなかったらこれもあり!ウェディングドレスを2着きる〔白から白へのお色直し〕が贅沢♡にて紹介している画像
5
@yco_wed

白から白へのお色直し、ありです♡

カラードレスや色打掛が一般的な、お色直しの花嫁衣裳。でも、お気に入りのウェディングドレスが2着あるなら、白から白へチェンジしてもいいんです*

ドレスのデザインはもちろん、ヘアスタイルや小物使いでも印象を大きく変えることができるから、コーディネートのし甲斐もありますよね♡

白のドレスは花嫁の特権。結婚式の一日は、大好きなウェディングドレスを着て過ごしてください*

1着に絞れなかったらこれもあり!ウェディングドレスを2着きる〔白から白へのお色直し〕が贅沢♡にて紹介している画像
8
@sr_wedding_1123

この記事に関連するキーワード