お財布にも嬉しい♡フラワーアーチは《チュール》をプラスするとロマンチック♩のトップ画像

お財布にも嬉しい♡フラワーアーチは《チュール》をプラスするとロマンチック♩

きゅん

最近取り入れる会場も増えてきた《フラワーアーチ》♡

海外ウェディングで、庭園のエントランスや祭壇へのアプローチに使用される《フラワーアーチ》。

ツタやお花で飾ったロマンチックなアーチの前で、彼と永遠の愛を誓う。

そんな結婚式、憧れですよね♡

チャペル内で挙式を行うのが一般的な日本では、フラワーアーチは珍しいものでしたが…

この頃のガーデンウェディングの人気が高まりに合わせて、フラワーアーチを設置する式場も増えてきました♡

フラワーアーチといえば、とにかくたくさんのお花で飾った、華やかで豪華なイメージ♡

こんなお花に囲まれた空間で結婚式を挙げられるなんて、想像しただけで幸せすぎる!

ゲストもまるで海外ウェディングに参加したような気分で、喜んでくれそうです*

お財布にも嬉しい♡フラワーアーチは《チュール》をプラスするとロマンチック♩にて紹介している画像
@sr_wedding_1123

現実的な問題。フラワーアーチの装飾費用って?

でも…

ただでさえ結構お値段の張る、結婚式の会場装花。

お花たーっぷりのフラワーアーチは、予算的に厳しいかな…?と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

フラワーアーチの装花にかかる費用は、お花の量によってきまります。例えば、アーチの上半分の曲線部分をお花で飾ったこちらの装飾は、約8万円。

アーチ全体をボリュームたっぷりのお花で飾ろうとすると、10~20万円はかかってしまいます。

お財布にも嬉しい♡フラワーアーチは《チュール》をプラスするとロマンチック♩にて紹介している画像
@keiko_marry

想像通り、安くはない金額がかかるフラワーアーチ。

でも、「予算がないから」と最初から諦めてしまうのはもったいない!

実は、お花モリモリでなくても、フラワーアーチをおしゃれに見せる方法があるんです*

\救世主/フラワーアーチを《チュール》で飾ろう♡

その方法とは、フラワーアーチを《チュール》や《オーガンジー》で飾ること!

フラワーアーチのフレーム全部を埋め尽くそうとすると、とんでもない量のお花やグリーンが必要になります。

でも、フレームにチュールやオーガンジーを巻き付け、その上からポイントでお花を飾れば、使用するお花やグリーンの量をぐっと抑えることができるんです。

どの位置にどのくらいのボリュームでお花を飾るかを調節することができるので、予算に合わせてフラワーアーチを装飾してもらうことが可能♡

フレーム部分がむき出しでも、チュールやオーガンジーの布が巻き付いていれば、華やかでロマンチックに見えます*

中には、アーチ部分はチュールのみで装飾したデザインも!

ガーデン自体がお花やグリーンいっぱいなら、チュールだけで飾り付けられたフラワーアーチもおしゃれに景色に溶け込みます♡

チュールやオーガンジーなどの布は生花やグリーン比べて費用が抑えられるので、予算内で素敵なフラワーアーチを用意したい花嫁さんにぴったりです。

布の飾り方にも様々なパターンがあるので、どれがいいのか考えるのも楽しい♡

おすすめの飾り方を3パターンご紹介します。

チュールを使ったフラワーアーチの飾り方①天蓋風

最もオーソドックスなのが、フラワーアーチに天蓋のようにチュールやオーガンジーを飾る方法。

お花は真ん中に一か所、もしくは両脇に二か所かためて飾ります。こちらのフラワーアーチのように、アシンメトリーに飾るとおしゃれ◎

布地は地面に垂れて重なるくらい、長めにカットしてもらうのがおすすめです。

チュールを使ったフラワーアーチの飾り方②カーテン風

スクエアのフラワーアーチなら、両サイドからカーテンのように布を飾ってみてはいかがでしょう*

開いたカーテンを結ぶように、お花をポンポンとアーチに飾るのが定番です。

チュールを使ったフラワーアーチの飾り方③無造作風

おしゃれ感・海外感を出したい!という方は、長い布地を無造作にアーチに巻き付けたような、こんな飾り方がおすすめ。

まるで映画のワンシーンに出てくるような、ロマンチックな挙式になります♡

フラワーアーチをチュールで飾ろう♡

ガーデンウェディングなら絶対設置したい、フラワーアーチ。全部お花で盛り盛りにするのは難しくても、チュールやオーガンジーを使えば可愛く賢く飾ることができます♡

予算的に厳しいかな…と諦めかけているプレ花嫁さんも、フローリストさんに「チュールを使えませんか?」と聞いてみてください。

もしかしたら、予算内で可愛いフラワーアーチが用意できるかもしれません。

この記事に関連するキーワード