普段泣かない男性も、この時だけは目がうるうる♡挙式でやりたい「涙を誘う感動演出」3選

きゅん

感動的な挙式の演出を3つピックアップ♡

神様とゲストの前で、だいすきな彼との永遠の愛を誓う挙式*

私は挙式に参列すると、

花嫁さんがお父さんと腕を組んでバージンロードを歩いているだけで感動して泣くし、

祭壇に立つ新郎さんと花嫁さんの後ろ姿を見ているだけで、感動して涙が出てきます。

でも、男性ゲストにとっては挙式というのは「ただの儀式」という側面が強いのか、あまり興味をもてない時間だったりもするみたい。

そういう場合は、インパクト強めの演出を挟むと注目度が増しておすすめ。

ゲスト全員の涙腺を崩壊させる、とてつもない威力を持った感動的な「演出」をしちゃいましょう♡

ちょっと珍しくてとーっても感動的な挙式の演出を3つピックアップしてみました*

挙式の感動演出①チャペルムービー

チャペルムービーは、新郎入場後・新婦入場前の時間に、チャペルの中でムービーを流す演出*

ムービーの内容は

・「挙式が始まります」というお知らせのもの

・プロフィールムービー風のもの

・花嫁が両親に感謝の気持ちを伝えるもの(←これが一番多いみたい♡)

・バージンロードの意味を両親とゲストに伝えるもの

など様々。映画のプロローグのような感じで、ゲストの集中力を一気に高められる効果があります♡

特に、昔の家族写真などをスライドショーにして流したら、

そのあと入場してくる花嫁さんとお父さんの姿を見て自然と涙がこぼれてくること間違いなし*

挙式の感動演出②シルエットのベールダウン

花嫁さんのお母さんが、「幸せになってね」の気持ちを込めて行うベールダウン*

その一連の流れをあえてスクリーン上に投影して、シルエットで見せる演出も感動的です♡

ゲストからは姿や表情がよく見えないけれど、

逆を言うと、お母さんと花嫁さんだけがお互いの顔が見えている状態。

誰にもわからない母娘の特別な関係は、見ていてグッとくるものがあります...!

挙式の感動演出③両親同士の握手の儀

そして最後にご紹介するのは、新郎新婦の両親同士の握手の儀*

普通はバージンロードを歩き終わったあとに新婦の父から新郎に握手をするだけですが

父親同士、母親同士、笑顔で固い握手を交わしていて和やかながらも感動的な空間♡

「うちの子をどうぞよろしくお願いします」

「お互いに子育て、おつかれさまでした」

というホッと安心したような気持ちと両家の仲の良さも伝わってきて、見ていて素敵だなって思います♡

ぜひ挙式でやってみてください*

チャペルムービーと、シルエットのベールダウンと、両親同士の握手の儀*

ゲストの立場でこの演出を見たら、泣いてしまう人がほとんどだと思います。。。

素敵な挙式になること間違いないので、ぜひやってみてください♡

この記事に関連するキーワード