これはアプリの加工じゃない!光で絵を書く【ペンライトアート】の簡単な撮影方法*

きゅん

光で絵を書く【ペンライトアート】って知ってる?

突然ですが、こんな写真を見たことありますか?

写真に光で文字や絵が書いてある写真です*

この写真は「ペンライトアート」*

その名の通り、ペンライトを使って文字をや絵を書いて撮影したものです♡

「ライトペインティング」や「ライトアート」「バルブアート」「ピカピカ」とも呼ばれていて、

シャッターを切る時間を長くすることで、一瞬ではなくライトが光っている瞬間を長めに撮影出来るので

光が線として撮影出来る....という技です。

ペンライトアートで可愛い写真が撮れます♡

ペンライトアートをすると、こんな可愛い写真が撮ることが出来ます♩

☑天使の羽とハート

☑ニコちゃんマーク

☑人のまわりにハートや星

☑文字

☑日付

☑シンデレラ城とミッキーマーク

アイデア次第で、こんなに色んな写真を撮ることが出来るんです!

撮った写真はウェルカムボードにしたり、ムービーの素材として使うのはもちろんのこと、

サプライズムービーで、こんな風に組み合わせるのもとっても素敵*やってみたくないですか?

今回は、ペンライトアートの撮り方をご紹介します♩

《ペンライトアート:準備するもの》

一見難しそうなペンライトアートですが、慣れると意外に簡単に撮ることが出来ます*

用意するものはこちら!

①光源・LEDライトやペンライト(LEDライトに色を付けたいときはカラーフィルムを使うのがおすすめ*)

②一眼レフ

③三脚

用意するものはこの3つでOK。続いてやり方をご紹介します♩

《ペンライトアートのやり方》

①カメラをマニュアルに設定して、シャッタースピードを調整する。シャッターの秒数は絵や文字を書いている長さなので、書きたいものに合わせて変えましょう。先ずは15秒ほどにしてやってみるのがおすすめです◎

②カメラを三脚にセットする

③カメラのシャッターを切った瞬間から、ペンライトで空中に絵や文字を書く。文字は鏡文字、線が途切れる場合はオン・オフで調整しましょう。

④出来上がった写真を見て、何度か調整すると綺麗に仕上がるはずです♡

詳しいやり方はこちらの動画も見てみてください♩

一眼レフが無い場合は??

一眼レフがある場合、ペンライトアートに挑戦することが出来ますが…

「一眼レフを持っていない」「今後も一眼レフを買う予定が無い」という方もいるはず。

そんなときは、iPhoneの有料(240円)アプリ「Slow Shutter Cam」を使うのがおすすめです♩

Slow Shutter Camを使えば一眼レフが無くても、長い時間カメラのシャッターを切り続けることができます◎

➡Slow Shutter Camをダウンロードする*

ペンライトアートをやってみよう♩

ペンライトアートのやり方をご紹介しました*

「見たことあるけど、自分ではやったことが無い!」という方も多いのではないでしょうか?♡

ペンライトアートでウェルカムボードを作ったり、ムービーを作ったりすると幻想的で素敵なものが出来るので、時間がある花嫁さんは彼と一緒にやってみてはいかがでしょうか?♡

この記事に関連するキーワード