まるで空中に寝ているみたい♡一度は泊まってみたい完全ガラス張りのホテル、知ってる?

2018.07.18 Wed.
きゅん

インスタでよく見る、あのホテルの正体が気になる!

最近インスタグラムで、とあるホテルがとっても人気な模様*

それがこちらの、一面ガラス張りの大きくてとにかく高ーーーい窓があるお部屋。

窓からは高層ビルとたくさんの船が浮かぶ港が見えていて、

写真の撮り方によっては、「空中に寝ているみたい!」「近未来感がある!」と話題になっているんです♡

海外のおしゃれインスタグラマーさんたちがこぞって訪れていて、

日本でもじわじわ広まりつつある、このウワサのホテルの正体をご紹介します*

香港にある『Twenty One Whitfield』です♡

ここは、香港の銅鑼湾(コーズウェイベイ)にある、

『Twenty One Whitfield(トウェンティ ワン ホワイトフィールド )』というホテル*

香港のコーズウェイベイというと、東京の渋谷にも例えられる人気の観光地!

有名な建築家のジョセフ・フォン氏と、フローレント・ネドレック氏が設計した36階建てのホテルで、全54室!

無駄な要素のない、エレガントでスタイリッシュで都会的なデザインが特徴です♡

日本から直行便で5時間ほど、そして香港国際空港からホテルまでは車で40分ほどの距離。

最寄り駅はMTR天后駅で、駅から徒歩10分ほどです。

床から天井まで、ガラス張り!

このホテルは床から天井まで壁がぜーんぶガラス張りなのが、一番のポイント*

お部屋からは香港の観光地として有名なヴィクトリア・ハーバーが見えて、

まだ明るい時間帯の景色はもちろん...

夜景もこんなに綺麗でロマンティック♡

ちなみにここヴィクトリア・ハーバーは、100万ドルの夜景として有名なロケーションスポット*

『Twenty One Whitfield』はワンフロアにつき2室しかお部屋がなくて

ぜったい角部屋になるので、

遮るものが何もなく、本当に素晴らしい香港の風景を275度眺めて楽しむことができます♡

気になる*1泊いくらくらいなの...?

そんな『Twenty One Whitfield』のお値段は、シーズンにもよって変わるのですが

安いお部屋で1泊あたり2万円弱ほど!

フロアと部屋タイプが上がるにつれてお値段が高くなっていって、高いお部屋で5万円ほどです。

費用がそこまで高くないのも嬉しいですよね*

ホテルに泊まったら、こんな写真が撮りたい♡

窓際に配置されたベッドの、真っ白なおふとんに入り込んで女優さんみたいにぱしゃり♡

大きめサイズの彼シャツをきて、夕陽が沈む時間帯にハイチーズ♡

隣のビルに景色が反射しているのも素敵です*

朝はマグカップにカフェオレを入れて、優雅で可愛いひと時を過ごしたい♩

自然光を体いっぱいに浴びることができるので、最高に気持ちよさそう!

風船を持ち込んで、ものすごい量のバルーンと写真を撮るのもおしゃれ♡

まるで本当に、空にぷかぷか浮いているようです*

ここはまさに、天空のホテル♡

おしゃれなインスタグラマーさんたちの間でこぞって話題になっている、

香港にある『Twenty One Whitfield(トウェンティ ワン ホワイトフィールド )』というホテル*

香港の素晴らしいロケーションを、一面ガラス張りのホテルの中から優雅に楽しむことができます♡

これから香港に旅行に行くときは、ぜひここに泊まって、素敵な思い出を作ってください♩

➡ホームページはこちら*

この記事に関連するキーワード

ジャンルから好きな記事を探す♡

読みたい記事をここから検索!