「あったら便利だけど見た目が微妙」を解決!お箸袋を可愛くする方法

きゅん

【お箸】便利だけどイマイチ映えない。。

結婚披露宴で振舞われるお料理に、和食のメニューが混じっている場合。

ナイフやフォークに加えて、ゲストテーブルには「お箸」がセッティングされています。 

お箸は、一番使い慣れた身近なカトラリー。だからこそ、日常感が出ないようにおしゃれにしたいところ。

そのまま置くだけではなんとなく見栄えがしないですよね。

「あったら便利だけど見た目が微妙」を解決!お箸袋を可愛くする方法にて紹介している画像
1
@keiko_marry

そこでこの記事では、披露宴のゲストテーブルにセッティングするお箸をもっと素敵にする、お箸袋のアイデアをご紹介します*

お箸袋を可愛くする方法①水引を飾る

最初にご紹介するのは、お箸袋に水引を飾るアイデア。水引は、髪飾りやリングピローにも積極的に取り入られる、和を感じる人気のモチーフ*

コロンとしたかたちが可愛らしい梅結びの水引きを箸袋に飾れば、お箸袋がテーブルコーディネートのワンポイントに◎

こんな風に箸袋と箸袋の色を揃えても素敵*

紅白以外のカラーコーディネートは、おしゃれ上級者な印象を受けます♩

お箸袋を可愛くする方法②「WELCOME」の文字を印刷

結婚披露宴ならでは。シンプルな箸袋に「WELCOME」の文字をプリントするアイデアです。

白地にグレーのミニマルデザインだから、どんなゲストテーブルコーディネートにも合いそうですね。

お箸袋を可愛くする方法③席札にしちゃう

和な雰囲気のテーブルコーディネートにするなら、お箸を主役にしちゃうのもあり!

箸袋にゲストの名前を書いて、席札にしてみてはいかがでしょうか。

お箸の席札なんて珍しくて喜ばれそうです。

お箸袋を可愛くする方法④柄・模様

お箸袋は白いシンプルなデザインが一般的。柄や模様のある箸袋を並べれば、モダンな雰囲気になります♡

こちらは、グレーの和柄の箸袋に、ピンクとグリーンの小さな水引を結んだ大人っぽいコーディネート。

お箸袋までこだわりましょう♡

結婚披露宴でゲストテーブルにセッティングするお箸。ナイフとフォークだけより、お料理が食べやすくて便利ですが...

日常感のあるアイテムなので、結婚式仕様のおしゃれな見た目にしたいですよね。

細部までこだわりたいという方は、お箸袋のデザインまで考えてみてはいかがでしょうか*

この記事に関連するキーワード