ミュージアムショップ限定*京都・和久傳の森で買えるお菓子と飲み物が可愛い

2018.09.08 Sat.
きゅん

和久傳の森って、知ってる?

京都の高級料亭・和久傳(わくでん)が2007年に作った「和久傳の森」って、みなさん知っていますか?

和久傳の森は、日本海に面する京都府北部の京丹後市にある、

お米や野菜などの栽培を行っているみどり豊かで広大な土地のこと。

この敷地内にレストランや工房や美術館があって、訪れる人が絶えない人気の観光地として知られています*

世界的な建築家・安藤忠雄さんが設計*

そんな和久傳の森は、世界的な建築家・安藤忠雄さんが設計に携わったことでも有名*

安藤忠雄さんは、東京大学の名誉教授で、表参道ヒルズやJRユニバーサルシティ駅、直島の地中美術館など

様々なビルや駅、教会、お寺やお店を生み出してきた、「世界のANDO」とも呼ばれる建築家の一人。

和久傳の森では、杉板張りという技法を使った存在感のある建物や、

コンクリートの打ちっぱなしが続く回廊などを設計*

(コンクリートを使った建築物は、安藤忠雄さんの得意とするところなんだそう!)

敷地内にある「森の中の家」に注目!

そんな和久傳の森の敷地内には「森の中の家」という美術館があります*

森の中の家は、安野光雅(あんのみつまさ)さん、という有名な画家の方が描いた作品がいっぱい飾られている美術館。

安野光雅さんの絵は、優しいタッチで心がほっと落ち着くような、そんな世界観を持っているのが特徴です*

絵本を多く出しているので、もしかしたら小さい頃に読んだことがある方もいるかもしれません♩

限定で買えるお菓子と飲み物が可愛い*

その、「森の中の家」でしか買えない安野光雅さん作パッケージのお菓子と飲み物が可愛いんです♩

こちらは、温かみのある絵と赤い糸で包まれた飴*

水彩画のようなイラストがとっても素敵。いろんなデザインがあります*

中身は、昔懐かしいドロップ飴のような見た目のキャンディが入っています。

そしてこちらは、男の子と女の子のラベルが貼られたペットボトルのお茶*

飲みおわったあとも、捨てられないくらい可愛いデザインです♡

和久傳の森に、ぜひ訪れてみてください*

安藤忠雄さんが設計した和久傳の森は、一度は行ってみたい京都の有名な観光地。

特に、森の中の家で買える安野光雅さんの可愛いお菓子と飲み物は

ミュージアムショップ限定品なので、行ったら自分用にもお土産用にも欲しい♩

京都に行ったら、ぜひ和久傳の森にも遊びにいってみてください*

➡和久傳の森の公式サイトはこちらから*

この記事に関連するキーワード

ジャンルから好きな記事を探す♡

読みたい記事をここから検索!