常識はずれって思われないように。結婚式はスーツでもOK?タキシードとスーツの違いは?のトップ画像

常識はずれって思われないように。結婚式はスーツでもOK?タキシードとスーツの違いは?

きゅん

新郎衣装はスーツでもいいの?

花嫁さんがウェディングドレスの場合、新郎さんはタキシードというのが、結婚式のドレスコードですよね。

でも、中には「スーツじゃだめなの?」と思っている方もいるのではないでしょうか。

最近は、ファッション感覚でおしゃれな着こなしができるスーツもたくさんあるので

「どうせお金を払うなら、タキシードよりも結婚式後も使えるスーツをオーダーしたい」という考えもあるかもしれません。

常識はずれって思われないように。結婚式はスーツでもOK?タキシードとスーツの違いは?にて紹介している画像

でも、「新郎の衣装がスーツ」ってマナー的にどうなのでしょうか。

タキシードとスーツは、一体何がどう違うのでしょうか。

この記事では、結婚式での新郎の衣装にスーツはアリかナシか、またそれぞれの違いや歴史について詳しくご紹介します。

常識はずれって思われないように。結婚式はスーツでもOK?タキシードとスーツの違いは?にて紹介している画像

そもそも、スーツってなんなの?

まず、「スーツ」の定義から考えましょう。

スーツとは、「背広」のこと。 背広は、折り襟の上着とズボンを組み合わせた上下セットの男性の"平服"をさします。

平服は、日常の衣装や普段着のこと。つまり、スーツは実はフォーマルな衣装ではないのです!

なんとなく「スーツ=ちゃんとしている」というイメージがあるので、意外ですよね。

常識はずれって思われないように。結婚式はスーツでもOK?タキシードとスーツの違いは?にて紹介している画像

スーツが平服である理由は、その歴史にあります。

19世紀まではスーツはイギリスではラウンジ・スーツ(Lounge Suit)と呼ばれていて、なんと寝間着や部屋着だったそう!(あまりリラックスできなさそうですよね)

20世紀の初頭、アメリカのビジネスマンたちが仕事着として着用しはじめ、それが世界的に広まり、今のスーツのイメージができあがったのです。

そのため、スーツはフォーマルな格好ではなく、「平服」という位置付けになります。

今でこそ、ある程度フォーマルなシーンで着る服と位置付けられている「スーツ」ですが、歴史的観点から見ると、厳密には違うんですね。

常識はずれって思われないように。結婚式はスーツでもOK?タキシードとスーツの違いは?にて紹介している画像

タキシードってどういう服?

では、タキシードは一体どういう服だという定義がなされているのでしょうか?

タキシードというのは、スーツと同じように、ジャケット、ベスト、パンツの3ピースの衣装ですが、これはれっきとした礼装です!

19世紀後半、晩餐会のあとの談笑の席で着用されたスモーキングジャケットがタキシードの原型です。

寝間着や部屋着だったスーツとは違い、歴史的にも、最初から社交の場用の衣装だったのですね。

常識はずれって思われないように。結婚式はスーツでもOK?タキシードとスーツの違いは?にて紹介している画像
@1224.a.wd

スーツとのつくりの違いは、

☑衿の形が違う

☑衿にシルクが貼ってある

☑ジャケットに切れ込みがない

☑ポケットにフラップ(蓋)がない

☑カマーバンド(腹帯)を入れて着る

など。他にも、細かい部分で実はたくさんあります。

常識はずれって思われないように。結婚式はスーツでもOK?タキシードとスーツの違いは?にて紹介している画像

また、日本では新郎の婚礼衣装の総称として「タキシード」という言葉が使われていますが、本来「tuxedo」という言葉が持つ意味は新郎の衣装に限定されたものではなく、夜間の宴席での礼装全般のこと。

日本では、

☑本来のタキシード

☑フロックコート

☑モーニングコート

☑セレモニースーツ

などを総称して「タキシード」と呼んでいます。日本ではタキシード=新郎衣装、で通じるので細かくこだわらなくてOKですが、知識として知っておくと◎

常識はずれって思われないように。結婚式はスーツでもOK?タキシードとスーツの違いは?にて紹介している画像

結婚式で、新郎はタキシードじゃないといけない?

スーツ=平服、タキシード=礼装ということが分かったところで、今一度結婚式での新郎の衣装について考えてみましょう。

これまでの歴史や意味合いを考えると、「スーツは相応しくない。タキシードを着るべき」ということが分かりますよね。

パッと見は似てる!と思っても、スーツとタキシードではその由来や歴史が違います。

また、平服であるスーツは花嫁のウェディングドレス(最上級)と格が異なるので、バランスが悪いといえます。

挙式や披露宴では、フォーマルな衣装であるタキシードを身に着けるのが列席するゲストへの礼儀やマナーですし、花嫁に対しての誠意です。

常識はずれって思われないように。結婚式はスーツでもOK?タキシードとスーツの違いは?にて紹介している画像
@3a3i_1008wd

どんなシーンならスーツでもいい?

とはいえ、最近は格式にこだわらない自由な結婚式が増えているので、「結婚式は絶対絶対スーツはNG!」「無礼だ!「常識はずれだ!」というわけではありません。

例えば前撮りやアットホームなパーティーでのお色直し、二次会など、比較的カジュアルなシーンではスーツでコーディネートを楽しむ新郎さんもいます。

(ウェディングドレスも、最近はカジュアルなものが増えていますし!)

その際は、ゲストとは異なる立場であることを演出するために、ブートニアを着けるなどして、新郎らしい着こなしを楽しむといいと思います。

常識はずれって思われないように。結婚式はスーツでもOK?タキシードとスーツの違いは?にて紹介している画像

ちなみに…ゲストはスーツで参列してもいいの?

スーツは平服であると説明しましたが、「ゲストは平服で参列していいの?」と疑問に思った方もいるはず。

ヨーロッパ王室の結婚式など、格式高い場面では今でも燕尾服などの正礼服を着用するのがマナーですが、一般の結婚式におけるドレスコードは近年カジュアルになっています。

そのため、男性ゲストはスーツでOK。

ただ、自分の結婚式で着たタキシードを、友人の結婚式でスーツとして着て行くためには、仕立て直しが必要なので注意してくださいね*

常識はずれって思われないように。結婚式はスーツでもOK?タキシードとスーツの違いは?にて紹介している画像
@nagisa_marry

完璧?タキシードとスーツの違いについて♡

スーツとタキシードの違いや、それぞれの歴史、結婚式でふさわしい新郎衣装についてご紹介しました。

もし、旦那さんに「パッと見同じだし、スーツでもいいんじゃない?」と言われたら、教えてあげましょう*

新郎新婦、そしてゲストが気持ちよく結婚式に臨むためにも、ドレスコードを大切にしてください♡

常識はずれって思われないように。結婚式はスーツでもOK?タキシードとスーツの違いは?にて紹介している画像
@mi.8877
次の記事 前の記事

この記事に関連するキーワード