雪がキラキラ舞っているよう♡11月末~2月挙式なら「スノーシャワー」を手作りしたい❄︎のトップ画像

雪がキラキラ舞っているよう♡11月末~2月挙式なら「スノーシャワー」を手作りしたい❄︎

きゅん

冬になると「雪の結晶」が可愛いって思います♡

朝晩の冷え込みも厳しくなってきて、いよいよ冬が始まるな、と感じる最近。

雑貨屋さんなどのお店に行くと、クリスマスグッズや冬らしいアイテムをたくさん見かけます。

その中でも、「雪の結晶」のモチーフって、特別可愛いと思いませんか?♡

手で触ったらほろっと溶けてしまいそうな、そんな儚さや繊細さを感じます*

冬婚花嫁さんにおすすめのスノーシャワー♡

そんな、「雪の結晶」を使った結婚式の演出でおすすめのものがあります。

スノーシャワーです♡

挙式では元々、フラワーシャワーやリボンシャワー、コンフェッティシャワーをする花嫁さんが多いと思いますが、

スノーシャワーでは、その花びらやリボンの中に、雪の結晶の紙吹雪を混ぜるのです。

雪の結晶が新郎新婦の頭上からはらはら舞う様子は、本当に雪が降っているみたいで絶対に綺麗♡

11月末~12月・1月・2月に挙式をする花嫁さんには、特におすすめの演出です。

雪の結晶をdiyしよう♡

スノーシャワーをするためには、まずは雪の結晶の形のクラフトパンチを用意することが必要。

使うのは、「カーラクラフト」のパンチが定番です*お値段は475円。

➡楽天で雪の結晶型パンチを購入する*

画用紙は、ゴールドの用紙やラメが入ったオーロラカラーの折り紙を使うとキラキラ感があって素敵*

なるべく多くクラフトパンチで穴をあけて、雪の結晶を大量に手作りしましょう♩

ダイソーにもスノーフレーク型のパンチが売っているみたいです。

冬に結婚式を挙げるならスノーシャワーをやってみたい♡

フラワーシャワーやリボンシャワー、スターシャワーなどは一年通してずっと人気の挙式演出ですが、

花びらやリボンの中に、冬ならではのモチーフ・雪の結晶が入っていたらゲストだって「わ、綺麗」って思うはず*

雪がキラキラ舞っているような、そんな素敵な空間をゲストと楽しめると思うので、ぜひ雪の結晶を手作りしてスノーシャワーをやってみてください♩

この記事に関連するキーワード