diyに挑戦したい♩キャンディブーケの作り方と可愛いアレンジまとめ*

きゅん

キャンディブーケをdiyしてみよう*

お花とお菓子が両方入った、結婚式でよく見るキャンディブーケ*

花嫁さんのブーケトス(キャンディトス)や、お子さまゲストへのプレゼントによく使われていますよね。

キャンディブーケは楽天やAmazon、minneで買うこともできますが、

自分で材料を集めてオリジナルのものを可愛く手作りする花嫁さんが多数!

この記事では、キャンディブーケの作り方をご紹介します*

【花嫁DIY】用意する材料はこれ*

キャンディブーケをdiyするにあたって、まず用意する材料はこれ。

・茎つきの造花(大きさにもよりますが、5~6本くらい)

・棒つきの飴

・キャンディやチョコ

・竹串

・セロファンテープ

・輪ゴム

・包装紙

・リボン

すべて100円ショップで買えます。棒つきの飴は、チュッパチャップスやさくらんぼキャンディ、不二家のポップキャンディなどがおすすめ*

なるべくカラフルで可愛い見た目のキャンディを選びましょう♡

実際の作り方の工程はこちら*

①②造花とキャンディを1本ずつ分ける

③④造花とキャンディをバランスよく束ねて、軸の部分を輪ゴムで止める

輪ゴムではなく、透明のセロハンテープや緑のマスキングテープでも代用可能!

棒なしのキャンディやチョコを入れたい場合は、竹串にセロファンテープでつければok。

スワイプしてください*

⑤⑥包装紙でブーケの束を包む(内側にトレーシングペーパーを挟むと可愛くなるのでおすすめ)

⑦⑧上からのバランスを確認して、最後にリボンを結んで完成です!

ちょっと変わったアレンジもご紹介*

基本的には今ご紹介した工程でキャンディブーケが完成なのですが、

最近はちょっと変わった追加のアレンジも人気*

たとえばこちらは、ダイソーで売ってるハートのコーンクッションを飾ったキャンディブーケ。

グルーガンでお花にくっつけているそうです*

プラザなどで売ってる手持ちタイプのバルーンを一本差し込むのもおすすめ。

華やかな雰囲気になります♡

大人のゲストにプレゼントする場合、「お菓子だけじゃちょっと…」と思うなら、

こんな風にスタバカードやAmazonのギフトカードを入れるのも面白いかも*

女性も男性も、みんな積極的にブーケトスに参加してくれそう♩

キャンディブーケ作りに挑戦!

キャンディブーケの作り方と、ちょっと変わったアレンジのアイデアをご紹介しました。

キャンディブーケは、ブーケトスの代わりにも、キッズゲストのプレゼントにも、二次会の景品にもなるので、

ぜひdiyに挑戦してみてください♡

この記事に関連するキーワード