いつまで昔のアートやってるの?2018年らしいおしゃれなクリスマスネイルデザイン【最新】

きゅん
First b

11月~12月は、毎年クリスマスネイルの時期♡

普段からネイルアートをしている人は、毎年11月末くらいから12月初旬はクリスマスネイルの時期ですよね♩

ジェルネイルは3週間~1か月くらいもつから、11月末から12月初旬にクリスマスネイルをして、

街がクリスマス一色な記事は爪先も一緒にクリスマスを楽しんで。

そして、3~4週間ちょうど経ったころのクリスマスが終わった26日・27日くらいに新しいネイルにチェンジするのが定番。

(クリスマスが過ぎてもクリスマスねネイルをしているのってなんか恥ずかしいですもんね.....!)

そしてクリスマスネイルのアートの種類は毎年お決まり。

☑クリスマスツリー(ラメでツリーの枠を塗りつぶした上にストーンやパール)

☑クリスマスリース(丸いホログラムやストーンで丸を作って、真ん中にリボン)

☑オーナメント(ラメの線を引いて、パールやストーン)

この3つが定番のアートですが、これってもう数年間ずっと変わらないアートで、正直少しマンネリ気味。

もう何年間も、クリスマス期間になったらツリーやリースやオーナメントを爪に施してきた身としては、

「もう少し新しい可愛さが欲しい。。。」と思い始めていました。

そんな中!!!

2018年の今年は、ちょっとアップデートされている雰囲気♩

ネイル大好きな私が「これは今年っぽい!!」と思った、昔っぽくない・ダサくないクリスマスネイルのアートをご紹介します♡

2018年最旬クリスマスネイルアートをピックアップ☆

金色のワイヤーのような糸を使ってクリスマスツリーのもみの木を作るのは、一番今年っぽいアート!

金の糸を重ねて、もみの木のシルエットを作った上に、パールやストーン・ブリオンを乗せます♩

ラメで縁取られていたのが、新しい素材になっただけですが、ものすごく今っぽくておしゃれ♡

雪の結晶のシールでツリーを作るのも、新しいアイデアです♡ノルディック柄風でおしゃれ。

これは、「よーーーく見ると、ツリーに見える」くらいのニュアンスアート♡モードな感じでおしゃれです*

ツリーの部分がくり抜かれたような、クリアなアートも珍しい。

マーカーを引いたようなゴールドのミラーネイルにオーナメントの組み合わせも新しくて可愛い。

オーナメントの線も、ラメじゃなくてゴールドのラインフィルムを使って。オーナメントもストーンじゃなくてお星様です♡

パール・ブリオンだけでツリーを作るのも、立体的で新しい印象♡

ナチュラル派の方は、こんなアートはいかがでしょう♡マットな白に、クリスマスモチーフの手書きアートです♩

定番のクリスマスネイルをアップデートしよう♡

クリスマスのシーズンは、ホリデー仕様になる街の飾りと合わせてクリスマスネイルを楽しむのがネイルアートの醍醐味♡

でも毎年おんなじネイルじゃつまらないから、なにが最新かを見極めて、毎年違った雰囲気のネイルアートを楽しみたいものです♡

この記事に関連するキーワード