知ると、もう今の指輪は出来なくなるかも。ティファニー×【紛争ダイヤモンド】のニュース見た?のトップ画像

知ると、もう今の指輪は出来なくなるかも。ティファニー×【紛争ダイヤモンド】のニュース見た?

2019.01.18更新!!
きゅん

Tiffanyがダイヤモンドの原産地を公開スタート*

たくさんの国で愛されている世界的ジュエリーブランドのティファニー(Tiffany)。

婚約指輪・結婚指輪がティファニーのだよ!っていう花嫁さんも多いと思います*

そんなティファニーが、今年から

【ダイヤモンドの原産地に関する情報を公開する】

方針であることを発表しました*

簡単にいうと、

ティファニーの店内に並ぶダイヤモンドが使われた指輪すべてに、

そのダイヤモンドがどこの地域・どこの国で採掘されたのかが、肉眼では確認できないレーザーによる刻印と、鑑定書に表示されるようになったということ。

こういう情報は、他の大手ジュエラーでは一律で公開されてこなかったものなので、

新しい、社会的意義のある画期的な取り組みだと、いま世界的に話題になり、称賛されています。

知ると、もう今の指輪は出来なくなるかも。ティファニー×【紛争ダイヤモンド】のニュース見た?にて紹介している画像
1
@ke__wedding

でも、なぜそんなことが重要で、社会的意義がある活動なのでしょう??

ダイヤモンドが紛争の資金源になっている。

ダイヤモンドの個別情報を把握するというのは、グルメな人が牛やマグロなどの「個体識別番号」にこだわるのとは訳が違います。

みなさん知っていましたか?

ダイヤモンドは、ロシア やボツワナ・コンゴ民主共和国 ・オーストラリア ・南アフリカ共和国 ・カナダ ・アンゴラ ・ナミビア などを原産地で、採掘されていますが、

中には、「武装勢力がダイヤモンドを発展国に売って、そのお金を紛争に使うための武器や兵器の購入資源にしている」国やグループや地域があるんです。

ダイヤモンドによって得たお金が、内紛や国際戦争を起こす武装勢力の資金源となり、

国内外で人の殺し合い(もはや殺戮)が行われている現状があるのです。

また、お金に変えるために必要なダイヤモンドを採掘するため、鉱山では一般の労働者が劣悪な環境下で強制労働させられている…という現状もあります。

血に塗れた殺戮に、奴隷のような労働。そして搾取。

そこは、「基本的人権」とはほど遠い世界です。

そうした地域で採掘されたダイヤモンドは、通称「紛争ダイヤモンド」「血塗られたダイヤモンド」などと呼ばれています。

(レオナルドディカプリオ主演の映画『ブラッド・ダイヤモンド』でも有名です。)

考えてみてください*

もし、プロポーズでもらった婚約指輪のダイヤモンドのせいで、世界の裏側で人が死んだり、殺し合いをしたり、強制労働をさせられているとしたら....?

どんな気持ちがしますか・・・?

幸せの象徴で、愛の約束であるはずのダイヤモンドに、そんなストーリーは不要です。

知ると、もう今の指輪は出来なくなるかも。ティファニー×【紛争ダイヤモンド】のニュース見た?にて紹介している画像
0

だから、ティファニーが情報公開を始めたのです*

ティファニーの決定は、「紛争地域で採掘されたダイヤモンドは購入しない・使わない」ということ。

買ってもらえないと、ダイヤモンドをお金に変えることができないので、武装勢力は資金を得ることが出来ません。

逆にいうと、血塗られたダイヤモンドをメーカーが仕入れ、使い続ける限り、武装勢力は資金を得続けます。

大手メーカーであるティファニーが「紛争の資金となるダイヤモンドは買わない」という声明を出し、

それがはっきりと証明できるように鑑定書・証明書を発行する。これは、世界的に大きな意味を持ちます。

ティファニー最高経営責任者のアレッサンドロ・ボリオーロさんは、

「ティファニーのダイヤモンドには何一つ不透明なことがあってはなりません。顧客は自分のダイヤモンドがどこで産出したのか、どのような流通を経て手元に届いたのかを知る権利があります」

と語ります。

ダイヤモンドというのは、「4C」のように、透明性が重要視される宝石。

背景に血塗られた事実がないかというのも、ひとつの透明性。

「ティファニーのダイヤモンドは何一つ不透明なことがあってはならない」

というのは、実はとても深い言葉なのです。

知ると、もう今の指輪は出来なくなるかも。ティファニー×【紛争ダイヤモンド】のニュース見た?にて紹介している画像
3
@yu_sn128.wedding

自分の宝石で世界を傷つけたくない。

ダイヤモンドというのは、価値あるもの。

多くの人が、ダイヤモンドの輝きに魅せられ、勇気づけられ、安心を得、心に豊かさをもたらす宝石です。

この紛争ダイヤモンドの問題は、「ダイヤモンド」それ自体を否定するものではありません。

ただし、価値があり、魅了されるが為に、非正規ルートでの売買や、それによる武装勢力の拡大・ひいては殺人が行われているというのも、事実。

なので、「そうではないダイヤモンド」を選ぶ消費者行動が求められます。

ジュエリーブランドとして最大手のティファニーが販売するダイヤモンドがクリーンだということは

「知らず知らずのうちに紛争ダイヤモンドを購入し、武力勢力の資金源を増やすことを加担する無知な一般消費者」を無くすということ。

そして、もうこの問題を知った以上は、ダイヤモンドを選ぶときは「紛争ダイヤモンドではないのか」を気にして選ぶ必要がある、ということであり、

ティファニーのダイヤモンドを身につけることは、ダイヤモンドを持つものとして、誇れる行為であるということです。

知ると、もう今の指輪は出来なくなるかも。ティファニー×【紛争ダイヤモンド】のニュース見た?にて紹介している画像
1
@e.r.n.wedding

この記事に関連するキーワード