アリアナグランデもカバーしてる♡ディズニー映画「ヘラクレス」の全曲youtubeリスト♩

2019.03.14更新!!
きゅん

ヘラクレスって、見たことある?

1997年に公開されたディズニー長編アニメーション映画のヘラクレス(Hercules)*

ディズニー・ルネサンス期(美女と野獣やアラジンなどの名作が多数生まれた1989年~1999年)に作られた作品で、

ギリシャ神話をもとにした、完全オリジナルストーリーです♩

どんなあらすじ?

主人公は、ゼウス神のもとに生まれたヘラクレス。誠実な、正義感の強い青年です*

(日本語吹き替え版をTOKIOの松岡くんが担当したことでも話題になりました!ちなみに、ヘラクレスの幼少期の吹き替えはもうジャニーズを退所している秋山純くん。)

ただ、ヘラクレスは死者の国の神ハデスの悪だくみによって子供の頃から人間界で暮らすことに。

成長していくうちに自分は人間ではなく神であったことに気づき、神に戻るために本当のヒーローになる!

という物語です*

一見ミステリアスで、でも心は純粋なメグ(日本語吹き替え版は工藤静香)との出会いもあり、

ディズニーらしさとギリシャ神話が掛け合わさっている独自の世界観は公開当初から高評価♡

今も根強いファンのいる作品です。

そんなヘラクレスは、音楽も素晴らしくって、ミュージカル要素も強め♩

映画の中で流れる歌詞つきの音楽をご紹介します*

ヘラクレスの曲①I can Go The Distance(ゴー・ザ・ディスタンス)

I can Go The Distanceは、ヘラクレスの主題歌♡

オリジナル版では、グラミー賞を受賞したことのあるマイケル・ボルトンが歌っています♩

そして日本版のゴー・ザ・ディスタンスは、藤井フミヤが歌っています♡

音楽番組などで、みなさんも一度は聴いたことがあるはず。

英語も日本語も、聴いていて気持ちのいい、壮大で力強いメロディーに元気をもらえます♩

ヘラクレスの曲②Zero to Hero(ゼロ・トゥ・ヒーロー)

Zero to Heroは、とっても明るいアップテンポのナンバー♡

ヘラクレスが、ギリシャで一番強くてかっこよくて人気者であることを歌っています。

アリアナ・グランデが、ディズニーでのライブでカバーしたことでも有名♡

ノリノリです♩

日本版のゼロ・トゥ・ヒーローはこちら♡

結婚式では、ビンゴなどのゲーム中や余興で流したらとっても盛り上がりそう!

ヘラクレスの曲③I Won't Say I'm In Love(恋してるなんて言えない)

I Won't Say I'm In Loveは、ヒロインのメグが歌うヘラクレスへの恋心♡「男なんてこりごり」と強がって好きじゃない振りをしながらも、本当は....と感情を打ち明ける歌。

なかなか正直になれないもどかしいけれど可愛い曲。

日本版の恋してるなんて言えないは、こちら♡工藤静香がカバーしています。

メグの歌声はもちろん、コーラスも美しい♩

ヘラクレスの曲④A star is born(スター・イズ・ボーン)

A star is bornは、ヘラクレスがめでたく神に戻ってメグを結ばれたときに周りの神々が歌うジャズ調の一曲♡

ポップで楽しい雰囲気に魅了されます。

日本版のスター・イズ・ボーンも最高♡

ヘラクレスの曲⑤The Gospel Truth(ゴスペル・トゥルース)

The Gospel Truthは、ヘラクレスのオープニング曲♡

ジャズ調のこの歌は、これから何か始まる!とわくわくさせてくれます♩

日本版のゴスペル・トゥルースはこちら*

ヘラクレスのミュージカル要素が強いと言っていた理由がわかります♡

ヘラクレスの曲⑥One Last Hope(最後の夢)

One Last Hopeは、フィルという半人半獣のキャラクターが歌う一曲。

ヘラクレスのトレーナーとなって、ヘラクレスを鍛えてくれる重要人物です♩

日本版の最後の夢はこちら♡ディズニーらしいポップなメロディーが特徴です。

ヘラクレスには、名曲がたくさん♡

ディズニー映画・ヘラクレスで流れる歌詞つきの音楽をご紹介しました*

特にゴー・ザ・ディスタンスは、名曲として有名♡

気になる歌があれば、ぜひ結婚式BGMにしてみてください♩

この記事に関連するキーワード