世界を代表するカッターズブランド。『ロイヤルアッシャー』ってどんなブランドだか詳しく知ってる?

きゅん
Vm b

ロイヤルアッシャーについて知りたい♡

世界的有名ブランド「ロイヤルアッシャー」の指輪をチェックしたことはありますか?

ロイヤルアッシャーは、1854年にオランダ・アムステルダムで生まれたダイヤモンドジュエリーの由緒正しき老舗ブランド*

世界で唯一【Royal】という権威ある称号をオランダ女王から授けられたブランドで、その研究しつくされたカッティング技術は「世界三大カッティングブランド」のひとつに数えられています。

日本でも、婚約指輪や結婚指輪で人気♡

ロイヤルアッシャーについて詳しくご紹介します*

その歴史は長く深い*

創業者は、アイザック・ジョセフ・アッシャー。当時、その腕は世界一と呼ばれるほどのダイヤモンドのカット職人でした。

1854年、オランダ・アムステルダムで、息子の名前を冠につけた「I.Jアッシャー・ダイヤモンド・カンパニー」という宝飾の会社を立ち上げます。

アイザック・ジョセフ・アッシャーには二人の息子がいて、息子にダイヤモンドのカットについて持っているありとあらゆるノウハウを伝えました。

(世界一と呼ばれるダイヤモンドのカット職人である父に教授をうけたジョセフとアブラハムのふたりは、

のちのち20世紀を代表するダイヤモンド専門家となり、宝飾の世界でのアッシャー家の存在感・地位をゆるぎないものにします)

アッシャー家の有名な功績のひとつとして、ブランド誕生から8年後の1902年に創業者アイザック・ジョセフ・アッシャーによる「アッシャーカット」という新しいダイヤモンドカット技術の発明があります。

ひとつのダイヤモンドを58面体にカットする革新的な8角形のフォルムは、ダイヤモンドの輝きが素晴らしいと絶賛され、「ダイヤモンドの理想形」と称されました。

アッシャー家は、もちろん最初はこの「アッシャーカット」の技術やカットの方法をアッシャー社のオリジナルとして特許申請していましたが、

のちに「ダイヤモンド業界の発展の為」と特許権利を更新せずに放棄。

世界中の全てのダイヤモンドメーカーにアッシャーカットの技術が広まり、名門ジュエラーの間でも定番となりました。

更にブランドの転機になったのが、1905年に南アフリカで世界最大のダイヤモンド原石「カリナン(3,106ct)」が発見された時のこと。

当時のイギリス国王・エドワードVII世に献上され、そのカッティングにアイザック・ジョセフ・アッシャーが指名されました。

ダイヤモンドは、のこぎりも折れ曲がるほどに固い素材。ですが、固まりの中の"ある一点"をつけば、あっという間にくだける....という性質を持っています。

その"ある一点"を仕留めるのは、熟練の職人ではないとできない技。大きなダイヤモンドであればあるほど、そのポイントを見つけるのは難しく、

失敗せずに・ダイヤモンドの大きさを残したままカッティングするのには相当な技術が必要です。

アイザック・ジョセフ・アッシャーは、3,106ctという621g、長さ101mm、高さ63.5mm、幅50.8mmの大きなダイヤモンドの原石を

なんと8カ月もかけて9個の大きなダイヤモンドと、96個の小さなダイヤモンドに分けました。

9つのダイヤモンドにはそれぞれカリナンI~IXの名前が付けられ、それぞれロンドン塔に収められていたり、 王族の冠やネックレス・ブローチになりました。

すでにカット職人として名声を得ていたアッシャー家でしたが、これがきっかけで王国御用達ブランドに。

その後もダイヤモンド業界のリーダー的役割を一族として担ってきたアッシャー社は、

1980年にオランダ王室のユリアナ女王から【Royal】の称号を授けられ、今のロイヤルアッシャーというブランド名に変更*

そして2000年。アッシャー社のファミリー経営は続き、5代目社長であるエドワード・アッシャーとジュープ・アッシャーは、初代「アッシャーカット」の改良に踏み切ります。

「ロイヤルアッシャーカット」と呼ばれることになった新しいカットは、元祖アッシャーカットの58面体よりも面の多い74面体。

更に、創業者ジョセフ・アッシャーの発明である「エメラルドカット」よりも反射と、屈折して戻ってくる光の総量が多く、ダイヤモンドの輝きをさらに引き上げました。

ロイヤルアッシャーカットは国際的に特許を取得し、このカットの技術はロイヤルアッシャー社独自のものとなっています。

買える商品をチェックしてみよう♩

160年以上に及び、ダイヤモンド業界を世界的に牽引してきたロイヤルアッシャーダイヤモンド。

婚約指輪や結婚指輪は、どんなデザインのものがあるのでしょうか?人気のブライダルリングをピックアップしました。

ROYAL ASSCHERのエンゲージリングデザイン♡

こちらは、ダイヤモンドを両サイドからそっと包み込むようなアームの形が特徴*

シンプルで可憐な雰囲気です。

アッシャーカットが施されたスクエアのダイヤモンドをダイヤの向きにして、中央にはめた婚約指輪も素敵*

すっきりシャープな印象です♩

こちらは、アッシャーカットのダイヤモンドをそのまま置いた正統派婚約指輪*

アームにまでダイヤが埋め込まれていてキラキラです。

ROYAL ASSCHERのマリッジリング♡

結婚指輪で人気なのはゆるやかにカーブしたこちらのデザイン。女性用にはダイヤが輝いています♩

細身のエタニティリングにも憧れます♡イエローゴールドの枠がおしゃれ。

最後は、V字型結婚指輪♡センターで折り重なるように流れるフォルムがとっても綺麗です。

気になるロイヤルアッシャーの価格帯は?

ロイヤルアッシャーの価格帯は、婚約指輪でお値段22万円~50万円ほど、結婚指輪だと一本10万円~20万円ほどが平均です*

ロイヤルアッシャーの指輪を見てみたい♡

世界三大カッティングブランドのロイヤルアッシャー*

ダイヤモンドのカット技術と質はオランダ王室公認で、

特にスクエア型のアッシャーカットのリングは、本物を見たら感動してしまうくらい綺麗です♡

日本では、銀座と福岡天神にお店があります。

これから婚約指輪、結婚指輪を決めるなら、ぜひ候補のひとつに入れてみてはいかがでしょうか?

➡ホームページはこちらから

この記事に関連するキーワード