色んな咲き方があるのが意外♡チューリップブーケができる時期・可愛い束ね方まとめ*

2019.03.14更新!!
きゅん

春のお花♡チューリップ

春のお花といえば、みなさんは何を思い浮かべますか?

梅や桜と同じくらい出てくる代表的な種類は、やっぱりチューリップ♡

3月に入って、お花屋さんでもたくさん見かけるようになりました。

結婚式でも人気のお花ですよね♩

チューリップの開花時期はだいたい3月~4月中旬くらい。

早咲きのものは2月末から、遅咲きのものは5月まで咲いているものまであります♩

なので、ちょうど今(3月~5月)の時期の結婚式で、チューリップブーケをオーダーできます♡

チューリップの全般的な花言葉は「思いやり」♡

赤色は「愛の告白」「真実の愛」

ピンクは「愛の芽生え」「誠実な愛」

黄色は「望みのない恋」「名声」

白色は「失われた愛」

紫は「不滅の愛」

です。

色んな咲き方があるのが意外♡チューリップブーケができる時期・可愛い束ね方まとめ*にて紹介している画像
3

知ってた?いろんな咲き方がある*

そんなチューリップは実はとっても奥深くて、いろんな咲き方(花びらの形)があるのです*

みなさんがよく知ってるのが、こちらの一重咲き。6枚の花びらがついた一番オーソドックスなタイプです。

丸っとしたカップ型で王道可愛い♡

「八重咲き」のチューリップは、こんな見た目*

花びらが幾重にも重なっている、ふんわり広がった形。幼稚園の頃に教えてもらったチューリップとは少し違うイメージの見た目です。

さらに珍しいのが、こちらの「フリンジ咲き」のチューリップ。

花びらのふちがギザギザしていて、レースみたいでおしゃれ♡

最後は、「ユリ咲き」チューリップ♩

ユリのお花のように、花びらの先っぽがとがっていて、少し細身なのも特徴です。

では、これらのチューリップを使ってどんな風にブーケにすると可愛いかを紹介していきます*

可愛いチューリップブーケの束ね方*

白いチューリップだけのクラッチブーケは上品な雰囲気*

茎の部分を長めにとるとおしゃれ♩

ピンクのチューリップのまわりにかすみ草を飾るデザインも人気。

掘り取ったチューリップをそのまま束ねたような、葉っぱつきのブーケもナチュラルで素敵*

カラフルなチューリップブーケ♩

八重咲きを混ぜると華やかです♡

ピンク中心のデザインは柔らかくて春らしい雰囲気♡

外に向かって飛び出す感じの咲き方が良いですよね。

高さを変えてまとめるのも素敵です♡

春は、チューリップが気になる♡

春を代表するお花・チューリップ♡

いろんな咲き方があるのを初めて知った花嫁さんも多いのでは?

ぜひ、春の結婚式では可愛いチューリップブーケを使ってください*

この記事に関連するキーワード