【卒花の後悔】素頭で後撮りする羽目に…!ハネムーンに持っていったコテが使えなかった時の解決策は?

きゅん

ハネムーンで後撮りをしました♡

海外でのハネムーンで前撮りや後撮りをする予定の花嫁さん、フォトシューティングの準備は進んでいますか?

海外での前撮り後撮りは、

☑カメラマンやドレス、ヘアメイクがセットのプランを申し込むパターン

☑カメラマンのみを手配し、コーデは自分で準備するパターン

☑完全なセルフ前撮り後撮り

の大きく三パターンに分かれます。

私、marry編集部のkeikoも海外にてふたつめの「カメラマンのみを手配し、コーデは自分で準備するパターンで」後撮りを行なったのですが…

今回は、その時に起こったトラブルと、反省についてレポートしたいと思います。

ヘアメイクをセルフで行う際の持ち物について*

私はギリシャのサントリーニ島で後撮りをしたのですが、カメラマンさんは現地の方にお願いし、ヘアメイクは自分で行うことに決めていました。

パッケージになった撮影プランではなく、カメラマンさんだけを手配する場合、またセルフ撮影を行う場合、自分でヘアメイクの準備をしなければなりません。

ヘアメイクに必要なアイテムは、

☑ドライヤー

☑ヘアアイロン(コテ)

☑ワックス、スプレー

☑ヘアピン

☑メイク道具

☑鏡

など。

日本で全部完璧に荷造りして、あとは当日を迎えるだけ!という状態にしておきました。

大変!ヘアアイロンが使えない?!

後撮り当日の朝…

カメラマンさんがホテルに迎えに来る2時間ほど前に起きて、気合いを入れて自分でヘアメイクをしようとしたのですが、

ここで大問題が発生。

日本から持ち込んできたヘアアイロンが、電源を入れているのに何分たっても、熱くならないんです!!

正しくは、熱くなるんですが数分で冷めてしまい、あとはぬるい温度であたたまっているだけ…という状態。

ゆる〜いカールは作れますが、すぐ風でとれてしまいそうな弱々しい巻き髪にしかならず、慌ててしまいました。

私が持っていったヘアアイロンは、大学時代に海外旅行用に買った、海外対応の小型のもの。(詳しく覚えてないですが、多分安いものです)

今までヨーロッパをはじめ何度も海外で使えていたので、完全に安心していました。

念のため変圧器も持ってきていたので、変圧器経由でも試してみたのですが、結果は同じ。

まさかの、ほぼ素頭で後撮りに望まざるを得ない状態に。これにはかなりショックを受けました。

(ちなみに帰国後日本で試してみたら問題なく使えたので、故障ではなさそうでした…)

撮影自体はとっても楽しく、素敵な写真が撮れて本当にいい思い出になったのですが、ヘアアイロンさえ使えて、ちゃんとヘアセットできていればな…という後悔は今でも残っています。

【卒花の後悔】素頭で後撮りする羽目に…!ハネムーンに持っていったコテが使えなかった時の解決策は?にて紹介している画像

海外対応のアイロンを選んだのに、変圧器も持っていったのに、当日ヘアアイロンが使えなかった。

そんなトラブルを防ぐためにはどうすればよいのでしょうか。

【解決策】USB対応のヘアアイロンなら絶対大丈夫!

もし今ハネムーン前に戻れるとしたら、私は「USBで充電できるヘアアイロン」を買います。

コンセントではなく、USB経由なら、自分のパソコンやモバイルバッテリーから充電することができるので、

国や地域にかかわらず絶対使えますよね!

ガス式のようにガス不足になって使えなくなることもありません。

➡mod's hair(モッズ・ヘア)のUSB対応ヘアアイロンを詳しく見る

【卒花の後悔】素頭で後撮りする羽目に…!ハネムーンに持っていったコテが使えなかった時の解決策は?にて紹介している画像

しかもロケーションフォトの移動中にも使えるので、途中で前髪や後れ毛が崩れてしまった場合も、さっと直せます。

なんでハネムーン前に知らなかったんだ…と後悔しきりです。

海外前撮り後撮りをする友達には絶対すすめていうアイテムです。

そんなに高いものではなく、通販でも2-3千円から売っているので、迷わず買えるお値段。

安心を買うと思えば安いもの!

➡【楽天】USBで使えるヘアアイロンの商品一覧はこちら

【卒花の後悔】素頭で後撮りする羽目に…!ハネムーンに持っていったコテが使えなかった時の解決策は?にて紹介している画像

後悔のないように…!準備は万全にしておきましょう♡

海外で前撮り、後撮りをする花嫁さんで、ヘアメイクはセルフで行うという方は、ぜひUSB対応のヘアアイロンを持っていくことをオススメします!

当日の朝パニックにならないためにも、万全に準備をしておきましょう。

素敵なハネムーンになりますように♡

この記事に関連するキーワード