ヴィンテージ感に憧れる♡昔の海外花嫁さんから、おしゃれな花嫁コーデを学びましょ*のトップ画像

ヴィンテージ感に憧れる♡昔の海外花嫁さんから、おしゃれな花嫁コーデを学びましょ*

きゅん

ヴィンテージ感のある結婚式に憧れる♡

結婚式の雰囲気やテーマ、コンセプト。

ナチュラル、プリンセス、リゾートなど様々な選択肢がありますが、今回フィーチャーするのは〔ヴィンテージ〕♡

ウェディングドレスのデザインは、ファッションと同じく流行り廃りがありますが、

数十年前のレトロで可愛いヴィンテージなウェディングスタイルが、今再びじわじわ人気が高まりつつあります。

昔のウェディングドレスの着こなしは、今見てもその美しさにため息をついてしまうようなデザインが多いんです♡

例えば、モナコ公国のレーニエ大公と結婚したグレース・ケリーの結婚式。

1956年、なんと60年以上も前ですが、今もなお全世界の花嫁さんが憧れる花嫁姿です。

時代が巡っても廃れることのない、計算され尽くしたデザインのヴィンテージドレスは、現代では逆に新しささえも感じます♡

海外はもちろん、日本でも注目が高まっているヴィンテージ感のある花嫁コーディネートの魅力♡

昔の海外花嫁さんのウェディングフォトを参考に、デザインのポイントを見ていきましょう!

ヴィンテージ感のあるドレスの着こなしポイント①スレンダーライン

最初のポイントは、ウェディングドレスのラインについて。日本で定番なのはお姫様のようなプリンセスラインやAラインですが、

レトロヴィンテージを目指すなら、スレンダーラインやエンパイアラインのドレスがおすすめ。

すとんとしたスカート×ロングトレーンで大人可愛いシルエットに。

スレンダーラインのドレスに、ふわふわのロングヴェールを合わせるのも素敵。

ドレスの上にヴェールがふわっと重なって、ロマンティックな雰囲気です♡

カメラに向かって横向きに立って、スカートの広がる裾を見せるのが、1920-1930年代のウェディングフォトの定番ポーズだったようです*

こちらは、つるんとしたシルク素材のウェディングドレス。まるでギリシャ神話の女神のような雰囲気で、神秘的!

荘厳なチャペルでの結婚式でこんな花嫁姿の花嫁さんが登場したら、その美しさにゲストもハッと息をのむはず。

ヴィンテージ感のあるドレスの着こなしポイント②ミモレ丈

ナチュラルな可愛らしいコーディネートを楽しみたいなら、ミモレ丈のウェディングドレスもいいかも!

ミモレ丈は比較的新しいトレンドに思えるかもしれませんが、実は1920年代のウェディングシーンでも大流行していたんです♡

こちらは、ローウエストのミモレ丈スカート×半袖×ロンググローブの、珍しいコーディネート。

柔らかなウェディングヴェールと、ミモレ丈ドレスのコーディネート。リボン付きのパンプスもモダンで素敵!

ミモレ丈なのにクラシカルで気品があるのが、ヴィンテージ感のあるコーディネートの魅力。

ウェディングブーケは、この花嫁さんのように大輪の薔薇を束ねて、思い切りロマンティックなデザインにしたい♡

すっぽり頭に被るスタイルの、マリアヴェールとミモレ丈ドレスの組み合わせ。ショートグローブを合わせて、クラシカルな雰囲気に。

まるでバレリーナのようなポーズも素敵♡

ヴィンテージ感のあるドレスの着こなしポイント③パフスリーブ

ヴィンテージ感のあるウェディングドレスのポイントの一つが、お袖のデザインです♡

1980年代に大流行したのが、ふんわりとした袖口のパフスリーブ。

ロングスリーブ×パフスリーブの、中世ヨーロッパの貴族を思わせるデザイン*

こちらは1982年のウェディング雑誌に掲載されたドレスですが、今着ても絶対に可愛いですよね…!

レース刺繍が美しいパフスリーブの長袖ドレス。甘すぎない手首のフリルが絶妙な可愛さです。

新郎さんも少しカジュアルテイストなブラウンのタキシードでコーディネートしていて、とってもおしゃれなカップル♡

総レース×パフスリーブのドレスは、ゴージャスで高貴な雰囲気。

手首ではなく、肘の部分にパフスリーブが施されているのがポイントです。よりお嬢様感がアップしますね♡

ヴィンテージ感のあるドレスの着こなしポイント④ヘッドドレス

ウェディングドレスに合わせるヘッドドレスは、花嫁コーディネートの雰囲気を左右する大切な要素。

レトロ・ヴィンテージ感のある結婚式にしたいなら、今流行っているようなインポートのアクセサリーや、お花ではなく、ヴェールやボンネがおすすめです◎

こちらは、ふんわりヴェールを被り、フラワーモチーフのカチューシャで留めたコーディネート。

お花の刺繍が散りばめられたチュールで作られた、ハットのようなヘッドドレス。女性らしさとカッコよさ、両方を感じるコーディネートです♡

パールを並べたようなデザインのハイネックのドレスも素敵…!

まるでネックレスのようなヘッドピースを着けた花嫁さん。カチューシャやヘッドピースなど、頭全体を飾るようなヘアアクセサリーが定番だったようです。

今はシンプルなヘアスタイルがラステックでお洒落だと流行っているからこそ、新鮮にうつるかもしれませんね。

目指せ、色あせないヴィンテージ・レトロな花嫁コーデ♡

何十年と時がたっても色あせない、ヴィンテージ感のある花嫁コーディネートをご紹介しました。

今見ても素敵なんだから、きっと私たちがおばあちゃんになった時に見返しても素敵なはず♡

クラシカルで気品のある、ヴィンテージなウェディングを目指す花嫁さんは、ドレス選びの際のポイントにしてみてください♩

この記事に関連するキーワード