ドライフラワーなら持ち込める♡ゲストテーブルは、トーションフラワーをDIYすると可愛くなる♡

きゅん
First c

テーブルナフキンに添える「トーションフラワー」*

ゲストテーブルの一人ずつのテーブルセッティングに、お花をプラスして華やかにする「トーションフラワー」*

ナフキンの横に添えることから「ナフキンフラワー」とも呼ばれています。

バラやガーベラなど1輪だけ置いたり、小花を束ねてミニブーケにしたりするのが人気です♩

「可愛くてテーブルが華やかになるからやりたい!」と考えている花嫁さんも多いと思いますが、

結婚式場のお花屋さんにトーションフラワーを生花で頼むと、1つ500円~1,000円くらい。

800円のトーションフラワーを80人分用意するとなると、64,000円くらいと結構高額になってしまいます…!

可愛いけど、なかなか気軽には頼めない金額ですよね。

でも、生花は持ち込めないことが多いし、造花もちょっと...という感じ。

(「いかにも造花感」があるチープなものは避けたいですよね。)

しかも、本物みたいなクオリティの高いアーティフィシャルフラワーを持ち込むと、結局生花を頼むのと同じくらいになってしまいます…!

トーションフラワーをドライフラワーにしよう♡

トーションフラワーを置きたいけど、出来るだけ節約したい!という花嫁さんにおすすめなのは、

『ドライフラワー』でトーションフラワーを作ること♡

ドライフラワーなら生花よりも安く手に入るし、生花ではないから持ち込める結婚式場も多いみたい♩

ナチュラルウェディングにも、ラスティックウェディングにも似合いますよね♡

ドライフラワーは実店舗で単品で購入すると一束1,000円くらいですが、楽天で福袋になっているものだと3,000円くらいで手に入ります*

こちらの2,700円の福袋だと、注文するときに言えばトーションフラワーにおすすめの花材を入れてくれて、50個くらいは作れるそうです♩

➡ドライフラワー福袋はこちら*

可愛いドライフラワーのトーションフラワーをご紹介します*

《ドライフラワーのトーションフラワー》

ユーカリの葉っぱ、黄色い丸いお花、白とラベンダーカラーの小花を束ねたミニブーケ*

お花ではなく、ユーカリの葉っぱだけにすると素朴な印象です。

白とグリーンの小花を束ねた、ナチュラルなトーションフラワー*きゅっと麻紐で結ぶとナチュラルな雰囲気になります♩結ぶリボンもこだわりたいですね♡

春らしいミモザと白い小花のトーションフラワー。ドライフラワーは大きなお花よりも、ミモザやかすみ草のような小さいお花の方が綺麗です◎

くるくるっと丸めたナフキンに、ラベンダーのドライフラワーをオン*革紐で結ぶとアンティークな感じがしますね♩

ピンクの華やかなドライフラワーを束ねたトーションフラワー*女性にはピンク系、男性にはグリーンやブルー系などで分けても良さそう。

野原に咲いているような、小さなお花をトーションフラワーにするあいであ*大きく広がっているのでボリュームがあります◎

トーションフラワーは和食のセッティングにも合います。

お盆にトーションフラワーは珍しいですが、日本らしい小花を使えばコーディネートを格上げしてくれます♩

ドライフラワーのトーションフラワーが可愛い♡

ドライフラワーのトーションフラワーをご紹介しました*

トーションフラワーをゲストテーブルを華やかにするだけではなく、

☑男性はブートニアに

☑女性は髪飾りやブローチに

など、ゲストとおそろいアイテムにすることが出来るのも嬉しい♡

ゲストテーブルがさらにおしゃれになるので、ぜひやってみてください♩

この記事に関連するキーワード