正方形の封筒は定形外になるって知ってた?慶事用切手1枚じゃ発送できないので注意*

きゅん

スクエア招待状が気になる♡

これから、ゲストに送る招待状を用意する花嫁さん*

招待状は横長のタイプが一般的ですが、正方形のスクエア招待状も今っぽくて人気ですよね。

可愛い形♡

そんなスクエア招待状を選んだら、必然的に封筒も正方形のものを用意すると思いますが、、、!

切手には、要注意!

そこで、正方形の封筒に貼る【切手】には要注意です*

というのも、郵便局が定めている定形郵便物(82円切手もしくは92円切手で送れるもの)は、

長辺34cm以内、短辺25cm以内、厚さ3cm以内および重量1kg以内とされているのですが、

この条件に当てはまるサイズだったとしても、「そもそも長方形じゃない郵便物は定形郵便物として出すことができない」のです...!

つまり、星型やハート型はもちろん、正方形の封筒はすべて【定形外郵便物】の扱いになります。

82円切手でも、92円切手でも、郵送できないということ。

これ、知ってましたか...?!

知らずに82円切手を貼ってしまったら、アウト。新しく切手を買い、貼りなおすことになるので大変です...!

正解は120円分の切手を貼ること*

そもそも、慶事用切手の種類は、62円・82円・92円の3種類。

正方形の招待状を送りたい場合、封筒にはいくらの切手を貼ればいいのでしょうか?

正解は、【120円分の切手を貼ればok】です*

定形外郵便物で、重さが50g以内の場合の料金は120円!

なので、

①62円の慶事用切手を2枚貼る

②120円の普通切手を1枚貼る

これで、正方形の招待状を問題なくゲストのもとに届けてもらうことができます♩

正方形の招待状を送るときは、勝手が違うので注意*

正方形の招待状は今風でおしゃれですが、郵便局では【定形外郵便物】の扱いになります。

通常の横長の封筒とは勝手が異なるので、スクエア招待状を選んだ場合は正しい料金の切手をしっかり用意しましょう♩

重さ50g以内の場合は、120円です!

➡定形郵便物・定形外郵便物の料金ページはこちらから

この記事に関連するキーワード