クオリティを見極めるのが重要*アーティフィシャルフラワーのブーケのメリット・注意点は?

きゅん

ウェディングブーケは素材別に4種類!

結婚式や前撮りで持つウェディングブーケは、

☑生花

☑プリザーブドフラワー

☑ドライフラワー

☑アーティフィシャルフラワー

の4種類があります。

一番王道は生花ですが、最近では儚い雰囲気が素敵だと、プリザーブドフラワーやドライフラワーのブーケを選ぶ花嫁さんも増えています。生花にはないくすんだカラーや、繊細な花びらが魅力。

では、アーティフィシャルフラワーのウェディングブーケは、どんな特徴があるのでしょうか。

クオリティを見極めるのが重要*アーティフィシャルフラワーのブーケのメリット・注意点は?にて紹介している画像
@atelier_etna

アーティフィシャルフラワーのブーケの魅力って?♡

そもそもアーティフィシャルフラワーというのは、広い意味で「造花」のこと。

ただし、昔ながらの安っぽい造花とは違って、まるで本物のような見た目に似せたリアル感があるものが、アーティフィシャルフラワーと呼ばれています。

アーティフィシャルフラワーのウェディングブーケのメリットは、

☑生花のような瑞々しい発色のブーケが作れる

☑旬でない花材も使える

☑丈夫で傷みにくい

☑前撮り、本番、後撮りと複数回使える

☑持ち運びがしやすい

ということ。

プリザーブドフラワーやドライフラワーだとどうしても花びらが細かく繊細になるのと、くすんだ色合いになります。

その点、アーティフィシャルフラワーは本物のお花を模したものなので、大振りで鮮やかなブーケを作ることができるんです♡

例えばこちら。本物のお花に見えて、なんとアーティフィシャルフラワーなんです!生花だと春シーズンしか使えないシャクヤクも、アーティフィシャルフラワーなら通年楽しめますね。

アーティフィシャルフラワーは、数日でしおれてしまう生花や、衝撃で崩れやすいプリザーブドフラワー、ドライフラワーと比べて、丈夫なのがメリット。

場所を移動しながら撮影するロケーションフォトでも、細心の注意を払う必要はないので、安心して撮影に臨めます。

また、姿はずっと変わらないので、前撮り、本番、後撮りと何回も使うことができるのが嬉しい♡

大き目のバッグに入れて、海外にも持っていけるので、ハネムーンにも連れていくことができます。

アーティフィシャルフラワーのブーケを選ぶ際の注意は?

アーティフィシャルフラワーのブーケを選ぶときに注意したい点は、造花のクオリティ。

ひとことで造花といっても、100円ショップで売られているものから、造花専門店のものまで、品質と価格は様々です。

だらかこそ、クオリティの高いアーティフィシャルフラワーを使ったデザインを選ぶことが大切。

写真では問題なくても、実際に見てみると造花感が伝わるものでは、テンションも下がってしまいますよね。

信頼できるお花屋さんやフローリストさんを見つけて、お願いすることが大切です。

クオリティの高いシルクフラワーなどを使ったアーティフィシャルフラワーのブーケの価格は、小ぶりのもので3万円~、大振りのもので4万円~程度。

生花やプリザーブドフラワーのウェディングブーケと、価格はそこまで変わりません。

「造花=節約」という意識で選んでしまわないように注意です。

おしゃれなアーティフィシャルフラワーのブーケをご紹介♡

ここからは、まるで生花のような、クオリティの高い素敵なアーティフィシャルフラワーのブーケをいくつかご紹介します♡

ピンクとホワイトのお花、グリーンを束ねたウェディングブーケ。バラやガーベラなど、王道のお花を少しずつ集めていて、ロマンチックな雰囲気♡

アネモネのお花とたっぷりのグリーンを使った、ナチュラルなかごブーケ。グリーンもお花もアーティフィシャルフラワーです。

結婚式のあとは、インテリアのグリーンとしてお家に置いておきたい♡

大きなピンクのキングプロテアと、アネモネ、ピンクローズのロマンチックなウェディングブーケ。今人気のお花を集めたデザイン♡

グレーがかったグリーンも大人っぽくて素敵。

アーティフィシャルフラワーのブーケで素敵な花嫁姿に♡

アーティフィシャルフラワーのブーケの魅力をご紹介しました。

何度もウェディングドレスを着る機会がある方、また旬でないお花を使いたい方は、選択肢に入れてくださいね♡

クオリティを見極めるのが重要*アーティフィシャルフラワーのブーケのメリット・注意点は?にて紹介している画像
@atelier_etna

この記事に関連するキーワード