エンボス紙を破いて塗るだけ!外国風おしゃれな【金縁加工】のペーパーアイテムの作り方♡

きゅん

ペーパーアイテムの、外国風おしゃれデザインは断トツでこれ♡

結婚式で、ペーパーアイテムをdiyする花嫁さん。

自分で手作りするからといって、「初心者感」や「一生懸命頑張りました感」「安物感」は出したくないですよね。

クオリティや見た目には妥協せず、プロさながらの可愛いものがdiyできたら最高です♡

そこで、あまり難しくない&めんどくさくない(←重要)、とってもおしゃれに見えるペーパーアイテムのアイデアがあるのでご紹介します!

それがこの、【金縁加工】***

紙の周りがゴールドで縁取られた、外国風で、シンプルながらもアンティークな雰囲気のデザインです♩

こんなにおしゃれなペーパーアイテム、自分で手作りできるの....??一体どうやって.....??

と最初は思っちゃいますが、作り方を見てみると意外と簡単!どんなふうにdiyするのか詳しくお教えします♡

エンボスペーパーとゴールドのマッキーがあればok*

この金縁加工のペーパーアイテムをdiyするのに必要な材料は、このふたつ。

✓ダイソーで売ってるエンボスペーパー

✓ゴールドの油性ペン

(マッキーが一番キラキラしていて可愛いと人気みたい!)

そして作り方は、

①エンボスペーパーに文字を印刷する

②印刷された紙の周りをビリーっと破く

③破いたところをゴールドの油性ペンで縁取る

で完成です。

紙を破くのって少し不安というか、抵抗がありますが、破りすぎてサイズのバランスが違いすぎたり、ものすごく斜めっていたりしなければ大丈夫*

一枚ずつ、ちょっとずつ形の違う味わい深いペーパーアイテムが出来上がります♡

テーブルナンバーや席札にするのがおすすめ*

この金縁加工のペーパーアイテムは、ゲスト卓のテーブルナンバーのデザインにするのが一番人気♡

ダイソーのエンボス紙のサイズもゲストテーブルに置くのにちょうどよくて、全8~10卓ほどなので枚数的にも(終わりが見えているから)疲れなさそう!

海外っぽいおしゃれなテーブルコーディネートができあがります♩

(ちなみにこちらの花嫁さんは、シモジマで買ったマーブル紙を用いているそう)

テーブルナンバー以外だと、ゲストの席札にするのもおすすめです。

大人数婚だとゲスト人数分用意するのは少し大変かもしれませんが、こんなにおしゃれな席札があったら席に座る前にたくさん写真を撮りたくなります♩

もちろん名前は、英語で書いたらより素敵♡

金縁加工のdiyに挑戦してみたい♡

花嫁さんの間でじわじわ流行っている、ダイソーのエンボスペーパーとゴールドの油性ペンを使った【金縁加工】のペーパーアイテム♡

外国風のおしゃれでアンティークなデザインは、手作りしたとは思えないほどのクオリティに仕上がることまちがいなし♩

ぜひdiyに挑戦してみてください。

この記事に関連するキーワード