法則発見♡リースブーケで今っぽさを出すポイントは、〔持ち手の細さ〕にありました*

きゅん
First e

お色直しブーケで定番の〔リースブーケ〕♡

お色直しでカラードレスに合わせるウェディングブーケとして人気の、リースブーケ。

まるい形が可愛らしく、「永遠」を表すので縁起が良いのが人気の理由。

また、挙式で持つラウンドブーケやクラッチブーケとシルエットが全く異なるので、ゲストにブーケも変えたことに必ず気付いてもらえる点も魅力です♩

法則発見♡リースブーケで今っぽさを出すポイントは、〔持ち手の細さ〕にありました*にて紹介している画像
@lva__wd

そんなリースブーケが登場したのは、数年前。今でこそよく見るデザインですが、以前はとっても珍しかったんです♡

定番入りしたリースブーケですが、そのデザインのトレンドも少しずつ進化中。

最近の花嫁さんのリースブーケを見ていると、ある法則があることに気付きます。

最近のおしゃれなリースブーケは「持ち手のツルが細い」!

おしゃれだな、と感じる最新のリースブーケのデザインに共通している点。

それはズバリ、持ち手部分となる木のツルの細さです!

リースブーケが登場したばかりの頃は、持ち手のツルがしっかり太く編まれたデザインが主流でしたが…

最近は自然のツルをそのまま使ったような、ナチュラルな雰囲気の、曲がった細いツルを使うのが人気みたい。

持ち手に曲がった細い自然なツルを使うことで、トレンドの気取らないナチュラルウェディングや、ラステックウェディングの雰囲気にぴったりのリースブーケになります♡

今回は、持ち手に細いツルを使った、おしゃれなリースブーケのデザインをご紹介します!

持ち手の細さがポイント!おしゃれなリースブーケのデザイン1*

細いツルを何本も重ね、ブルーやラベンダーカラーのプリザーブドフラワーを飾った儚げなリースブーケ。

お花だけでなく、ブルーベリーもミックスされているのが珍しくて可愛い♡

あえてツルを完全に重ねずずらすことで、ナチュラルな雰囲気になります。

持ち手の細さがポイント!おしゃれなリースブーケのデザイン2*

極細のツタで作られたリースブーケ。繊細なお花と細いツルの組み合わせがおしゃれです。

決めすぎていない、抜け感のある感じが大人っぽくて素敵。

持ち手の細さがポイント!おしゃれなリースブーケのデザイン3*

こちらのブーケは、ツタの曲がった部分を活かしたデザイン♡自然にうねったツタをリボンでまとめているのがポイント*

プリザーブドフラワーの小花がたっぷりで可愛らしい♡

持ち手の細さがポイント!おしゃれなリースブーケのデザイン4*

細いツルのリースブーケに、ブルーのリボンを結んだリースブーケ。

カラードレスに合わせてホワイト×ブルーのお花を使っていて、清楚な雰囲気です♡

持ち手の細さがポイント!おしゃれなリースブーケのデザイン5*

紫陽花やラベンダー、ユーカリで作った、大きなリースブーケ。

ボリュームたっぷりで華やかですが、ナチュラルで自然体なのは、細いツタを使っているから♡

持ち手の細さがポイント!おしゃれなリースブーケのデザイン6*

ラスティックウェディングで人気の花材、パンパスグラスが主役のリースブーケ。

ラスティックな雰囲気を目指すなら、ツルは絶対細いほうがおしゃれ♡カジュアルなデニムのリボンを合わせて。

リースブーケは、持ち手を細く!が鉄則です♡

最新のおしゃれなリースブーケのデザインをご紹介しました。お花だけでなく、土台に使われるツタにもこだわることで、旬なデザインのリースブーケが出来上がります♡

リースブーケをオーダーする予定の花嫁さんは、フローリストさんに「持ち手は細くしてください♡」と伝えましょう*

この記事に関連するキーワード