ナチュラル可愛い♡刺繍枠を使った【カレイドフレームのリングピロー】って見たことある?

きゅん

刺繍枠を使った「カレイドフレーム」って、知ってる?

最近、ハンドメイドや手芸が好きな人の間で話題になっているカレイドフレーム*

手芸用の刺繍枠にレースや布、チュールを挟んでそれを額と見立てて、

造花やドライフラワー、リボンなどをグルーガンで貼りつけた(縫い付けた)インテリアです。

カレイドフレームは、こんな風にぱっと見リースブーケっぽくしたり、

お花模様のレースの上にスワッグ風の花束を飾ったりと、色んなデコレーションの方法があります♩

ナチュラル感があってとっても可愛いですよね♡

カレイドフレームのリングピローが可愛い*

そんなカレイドフレームは、いま、結婚式のあるウェディングアイテムとしても流行りはじめています。

それは、リングピロー♡

結婚指輪を引っ掛けるためのリボンやパールをくっつけて、挙式で使うリングピローにしているのです。

カレイドフレームはもともと作って飾って楽しむだけのものでしたが、

こんな使い方ができるなんて、とっても素敵で可愛くて、素晴らしい活用方法だと思いませんか?*

色んなデザインをご紹介します♡

カレイドフレームのリングピローをチェック*

刺繍枠にレースを挟んで、黒い細リボンを2本つけたシンプルなデザイン。

手にレースのグローブをはめて持ったら、絶対に可愛い♡

「Just Married」の文字入りカレイドフレームのリングピローもおしゃれ♡

こちらは、厚手の布に刺繍をしてそれを刺繍枠に挟んだデザイン*

ナチュラルウェディングにぴったりです♩

葉っぱのリースデザインも素敵!

お花や葉っぱをつけると立体的で華やかです♩

指輪を引っ掛ける部分はリボンを結ぶのが定番ですが、こんな紐状のデザインもおしゃれ♡

ドライフラワーとベロアリボンの組み合わせは、秋冬の結婚式に良さそうです*

カレイドフレームのリングピローが気になる*

刺繍枠にレースや布を挟んで、お花やリボンをデコレーションするカレイドフレーム♡

最近は、リングピローにするのがじわじわ広まっています。

手作りも簡単なので、ぜひカレイドフレームの挙式用リングピローをdiyしてみてください*

結婚式後は、アクセサリー置きとしても使えます♩

この記事に関連するキーワード