「梅」「菫」「桜」の3色*令和カラーで挙げる結婚式アイデア集*

きゅん
Vm b

新しい元号が発表されました*

2019年4月1日、新しい元号「令和」が発表されました。

発表される前は、

「元号なんて廃止にすれば良いのに。」

「なんでもいいし、どうでもいい。」

「元号が変わるとシステムが色々変わるから大変。」

「そもそも発表の時期が微妙。」

など、どちらかというと否定的な意見が多くて「きっとどんな元号になっても文句が多く出るんだろうな」と思っていたのですが、

いざ『令和』と発表されると

「響きが良い」

「春で新年らしくて素敵」

「日本の万葉集からきているのも良い」

と明るい意見も多く、なんとなく日本全体が明るく歓迎ムード。日本全体で新しい元号を喜んでいる気がします*

令和元年に結婚式をあげるなら、令和カラーをテーマに♩

新しい元号を記念して、日本流行色協会は「令和 慶祝カラー」というものを発表しました。

「梅」「菫」「桜」の3色です*

令和慶祝カラーは、令和が「万葉集」の梅花の歌32首の序文を基に選ばれたことから、春の訪れを知らせる日本の代表的な花にちなんで選定されたそう。

どの色も落ち着いた色味で、でも華やかさもあって素敵ですよね♡

私はこの3色の組み合わせを見て「この色をテーマにした結婚式があったら素敵だろうなぁ…!♡」と思いました*

春らしくて、女の子らしくて、華やかで、令和元年に結婚式を挙げる花嫁さんにぴったりのテーマカラーだと思いませんか?

そこで、似たような色の組み合わせをテーマにした結婚式アイデアを見つけたのでご紹介します♩

《令和慶祝カラーのブーケ》

薄いピンク、ピンク、ラベンダーの令和慶祝カラーのブーケのイメージはこんな感じ。女の子らしくて可憐な印象です♡

バラやチューリップ、カーネーション、芍薬、ラベンダー、ラナンキュラスなどのお花を組み合わせると可愛く仕上がりそう。

洗練されたイメージもあるし、女の子らしいイメージもあって、ブーケにするのにぴったりな色の組み合わせだと思います。

《令和慶祝カラーの装花》

令和慶祝カラーを装花にするとこんなイメージ。グラデーションピンクを菫色できゅっと引き締めてくれます。

菫色、パープル要素を強くするとこんな感じ。大人っぽい印象になります。

もう少し薄い、菫色に近いテーブルクロス。

逆に、薄いピンクをメインにするとこんな印象になります。

令和慶祝カラーを結婚式に取り入れるのも素敵*

令和慶祝カラーを取り入れた結婚式は、大人可愛い印象で素敵でした。

結婚式のテーマは2人の好きな色や趣味、季節などから選ぶことが多いですが、「令和元年」という新しい年に結婚式を挙げる新郎新婦さんは、令和慶祝カラーを取り入れてみるのも良いかもしれません*

令和元年に結婚するみなさん、おめでとうございます!

この記事に関連するキーワード