楽天で買える米袋を活用!オリジナルデザインのお米のプチギフトを自分でつくろう♡

2019.09.29更新!!
きゅん

プチギフトはお米にしたい♡

結婚披露宴や二次会の送賓の際にゲストに手渡すプチギフト。

チョコレートやドリンクなどのほか、根強い人気なのが「お米」のプチギフトです。

お米は縁起の良い食べ物として、昔からお祝い事で重宝されてきました。

その理由は、「米」という漢字の成り立ちにあります*

米を収穫するまでには88回の手間がかかることから「八十八」→「米」という漢字になったのだとか。

「八」は末広がりで縁起が良く、子孫繁栄を意味する字。

「幸せになるように」「子宝に恵まれるように」という思いを込めて、新郎新婦にお米を振りかけるライスシャワーの演出もありますよね♡

また、縁起が良いだけでなく、非常に実用的であることから、老若男女問わず喜ばれるプチギフトとして人気があるんです♩

お米のプチギフトにしたいけど、気に入るパッケージがない!

お米のプチギフトは、結婚式場のカタログやネットでたくさん販売されていますが…

パッケージが「ザ・和風」で自分の目指す結婚式の雰囲気と合わなかったり、いまいちおしゃれだと思えるものが少ない、なんてことも。

そんな方におすすめなのが、今回ご紹介する、

「米袋を買って、自分でお米を詰めてプチギフトにする」

というアイデアです!!

プチギフト用の米袋は楽天でも買える!

実は、楽天にはプチギフト用の無地の小さな米袋が販売されています。

価格は1枚80円前後。

この米袋をゲットして、パッケージを自分たち好みにアレンジし、お米を詰めてプチギフトにしている花嫁さんたちがいるんです♡

➡楽天でプチギフト用の米袋をチェック

楽天で買える米袋を活用!オリジナルデザインのお米のプチギフトを自分でつくろう♡にて紹介している画像

オリジナルデザインの米袋のアイデアをご紹介♡

一体どんなお米のプチギフトを用意しているのか、先輩花嫁さんのDIYをご紹介します!

こちらは米袋に、ウェディングロゴのスタンプを押したシンプルなデザイン♡

一見米袋とは分からないおしゃれさが素敵です。これなら、和婚や和装でなくてもマッチしますね♩

ラベル屋さんのシール用紙に、イラストレーターさんに描いてもらったイラストを印刷し、貼り付けた米袋。

新郎さんが新潟出身で、故郷の物をお渡ししたいと、新郎さんの実家から送られてきたお米をプチギフトにしたそうです。

中のお米にも思いを込められるのが手作りの良さですね♡

こちらは、実家でとれた新米を米袋につめ、ウェディングロゴをスタンプしたシールを張り付けるアイデア♡

シンプルなパッケージがおしゃれです。

手作りのお米のプチギフト、いいかも♡

自分好みに米袋をアレンジして、自分たちでお米を詰める、プチギフトのDIYアイデアをご紹介しました。

オリジナリティのあるプチギフトを用意したいと考えている方におすすめです!

プチギフトではないですが、両親贈答品のウェイトライスを手作りしている花嫁さんもいました。

カピスやアゲートやトレーシングペーパーのように、「米袋」がプレ花嫁さんの間で定番アイテムになる日も近いかも…?

➡楽天でプチギフト用の米袋をチェック

この記事に関連するキーワード