これから和装前撮りするなら!せっかくなので、「令和ショット」を撮りましょう♡

きゅん

令和時代の幕明け!

2019年5月1日から、ついに新元号「令和」の時代が始まります。

平成で出会った大好きな旦那さんと、元号を跨いでもいつまでも、仲良く・楽しく・幸せに暮らしていきたいですよね♡

和装前撮りするなら、「令和」を撮ろう♡

そんな令和元年に、結婚する人の特権...?♡

これから和装前撮りをする花嫁さんは、「令和」と書いたお習字を持ってウェディングフォトを撮るのがおすすめです。

4月1日に菅官房長官から元号が発表されたときのように、

「令和」の紙を額縁(フォトフレームでok)に入れて、ふたりで持って笑顔でぱしゃり♡

書道に自信がある人は自分たちで半紙に手書きしてもいいし、もちろん文字は印刷してもいい。

(手書きする場合は、こんな風に書いている途中のショットも撮ってみてください♡)

子供・孫に見せたい思い出の一枚になる♡

日本人にとって、元号というのは時代の象徴。

特に今回の平成から令和へは、崩御ではなく退位による天皇の代替わりなので、今上天皇への感謝の気持ちやおめでたい雰囲気で包まれていますよね。

令和の、万葉集からとられた「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ」という意味も素敵♡

令和元年に結婚式をするみなさんは、ぜひ「令和ショット」を撮ってみてください♡

きっといつか、子供や孫ができたときに、「令和元年に結婚したんだよ」って見せられる、宝物の一枚になるはずです♩

この記事に関連するキーワード