本当に良いお店?ドレスショップを選ぶときのポイント*のトップ画像

本当に良いお店?ドレスショップを選ぶときのポイント*

きゅん

どんなドレスショップが信頼できる?

結婚式準備の中で、ドレス選びというのは一番楽しくって、夢が見られる時間♡一番最初に着た、ビビビッときたドレスを運命のドレスにするのも、いっぱい着てみて、運命のドレスを見つけるのもどちらも素敵♡

でも。

みんながやっている「楽しいドレス選び」を自分も出来るかどうかは、まだわかりません。

楽しいドレス選びが出来るかどうかは、どのドレスショップに足を運ぶかに掛かっているのです!!

本当に良いお店?ドレスショップを選ぶときのポイント*にて紹介している画像
@atelierdefleurir

「ドレス選びの度に落ち込んだ」という声も。

楽しいドレス選びが出来なかった場合というのは、こんな時。

☑提携のドレスショップに好きなドレスがひとつもない

☑希望のドレスが着られない

自分の好みとショップの雰囲気が合わず、「担当者さんが頑張ってくれているのは伝わるけど、提案してもらえるもの全てがまったくこのみじゃなくて、試着してみるのすら嫌だった」

という生々しい意見も....。

本当に良いお店?ドレスショップを選ぶときのポイント*にて紹介している画像

ドレスショップ選びのポイントは???

だいたい、式場には複数の「提携のドレスショップ」があります。

「提携」というのは、「ここのどこかのドレスショップから選んでくださいね。そうすると式場のプランが適応になりますよ。」という意味。

提携外のドレスショップでドレスを買ったりレンタルすることが可能な場合もありますが、その場合、プラン外のものを使用する「持込み料」が掛かる場合が多いです。

また、式場契約時の「ウェディングドレス分の割引」「お色直しのカラードレス分の割引」などの値引きは適応されなくなる場合がほとんど。

なので、「提携のドレスショップが心ときめくドレスを取り揃えてくれているか」というのは大きな大きな問題なのです。

(このドレスショップが提携だから、ここの式場で結婚式をしよう!と逆算して契約する人もいるほど!)

本当に良いお店?ドレスショップを選ぶときのポイント*にて紹介している画像

では。

「良いドレスショップ」というのはどういう観点で選べばいいのでしょうか??

好みのテイストやタイプなどは別にして、基本的な基準はこちらです。

①新作ドレスは扱ってる?

☑「新作のドレスをどんどん仕入れているか」

☑「新作のドレスをどんどん作っているか」

というのは、そのドレスショップのスタンスを測る上で大きな基準となります!

だって、「お店のラインナップは全て10年前・15年前に仕入れたような古臭いドレスばかりで、新作ドレスは一切入荷なし...。」みたいなショップでは、着たいドレスは見つかりません。

人気のブランドの最新ドレスや、インスタで見るような可愛いドレスを積極的に買い付けておいてくれるお店だと、「試着したいドレス」が沢山みつかるはず。

ビジネスの観点から考えると、ドレスショップ的には、「同じ1着のドレスを何度もレンタルしてもらった方が利益が出る」ので、新しいドレスを買うというのは損なこと。

お客さん(花嫁さん)がお店のドレスの中から選んで借りてくれることが決定しているのであれば、新しいドレスなんて絶対に買わないで、10年前に流行ったドレスを今でも着てもらった方が得なんです。

でも、それでも新しいドレスや人気のドレスを仕入れているお店というのは、花嫁さんのことを想っている証拠。

「うちのお店に来る花嫁さんには、可愛いドレスを着てもらいたい」

「うちのお店に来る花嫁さんには、流行りのドレスを着てもらいたい」

「うちのお店に来る花嫁さんに、ドレス選びでワクワクしてもらいたい」

という想いの表れなので、コストを掛けてでも新しいドレスを積極的に取り入れるドレスショップというのは、花嫁さんに優しいドレスショップだと言えます*

➁人気ドレスの状態は?

着たいドレスが見つかっても、デザインだけで決定してはいけません。気にしたいのはそのドレスのクオリティ。【状態】です!!

しっかりとクリーニングやメンテナンスがされているか。入荷からしばらくしても、そのドレス本来のクオリティを保てているか....というのは、意外と盲点。

人気のドレスになると、毎週末披露宴で使用されている....という状態もザラ。

そんな使用頻度の激しいドレスは、クリーニングやメンテナンスが繰り返されることになりますが、ウェディングドレスは消耗品なので、使用回数が増えれば増えるほど、くたびれていってしまいます。

「くたびれ」というのは、いくら良い素材を使っていても、素晴らしいメンテナンス技術であっても、使用回数が増えれば起こること。

スカートのフレアの形が変わってしまったり、生地のハリがなくなったり、サテンがほつれていたり、リボンがクタクタだったり。

本来はふんわりしたシルエットのはずだったスカートのボリュームが、しょんぼり下向きになっていたり。

何人もの花嫁さんが着て、体育館のマットのような匂いになっていたり。(結婚式はライトを浴びて汗をいっぱいかきます....><)

品質にこだわるドレスショップでは、「同じドレスは○回までしか貸さない。それ以降は同じ新しいドレスを仕入れて、品質を保つ。」というルールを設けているところもあるそうです。

何度も何度も何年も何年も、同じ1着のドレスをレンタルで回転させて利益を得るというのは、レンタルショップとしては通常の考え方ではありますが、クオリティを保つ努力だってしてほしいですよね。

やっぱり、新しい・フワフワの手触りだったり、パリッと張りがある生地に触れると心がときめくもの。生地の質感やシルエットまで意識して、魅力を失っていないドレスを選んで欲しいと思います♡

本当に良いお店?ドレスショップを選ぶときのポイント*にて紹介している画像
@jewel_flower_antique

③取り寄せはしてもらえる?

ドレスショップのシステムとして、お店で借りられるドレスには、2パターンあります。

①お店が保有しているドレス

➁お店が保有しているわけではないけれど、ブランドから一時的に貸してもらえるドレス

の2パターンです。

お店で保有するドレスの数には限りがありますが、「各ブランド・メーカーで出しているドレスを取り寄せることは可能」というドレスショップなら、選べるバリエーションが大幅にアップします♡

(例えばmarryドレスのキラキラ宇宙ドレスの場合、「メーカーからの取り寄せ」に対応しているお店の場合は、在庫としての取り扱いが無い場合でも、全国のドレスショップどこでもレンタルが可能です♡)

当たり前ですが、着たいドレスが見つかった時に、これは入荷してないので着られません。と言われるよりも「お店にはないけど取り寄せ出来ますよ!」と言われた方が嬉しいですよね。

なるべく、選べるドレスの数が大お店の方が、やっぱりワクワクするものです*

楽しいドレス選びをしたい♡

ドレスショップを選ぶときに基準にしたい「そのお店が花嫁さん想いかどうかを見分けるポイント」をご紹介しました*

もちろん、ドレスショップというのはビジネスなので、利益を追求するべき存在ではあるのですが、それが行きすぎてしまって

クオリティが蔑ろだったり、トレンドに無関心だったり、ドレスに愛がないようなお店はちょっと......って感じですよね。

全ての花嫁さんが、ドレス選びでワクワクできますように!♡

本当に良いお店?ドレスショップを選ぶときのポイント*にて紹介している画像

※marryドレスを取り扱っているお店は、流行りの・新しいドレスを取り扱っているお店だ!ということが出来るので、おすすめです♡

➡marryドレスの全国取扱い店舗一覧はこちら

この記事に関連するキーワード