名前まで可愛い♡ピンク色の紫陽花〔コットンキャンディー〕が好き♡

2019.05.20更新!!
きゅん

紫陽花の品種のうちのひとつ♡

「藍色が集まったもの」というのが語源だという説もある、紫陽花。

もともとは日本にあったお花ですが、西洋に輸出され「ハイドランジア」として人気に。品種改良により沢山の種類が開発され、紫陽花の品種は今や2000を超える数あるそうです。

そんな、開発されて作られた紫陽花の品種のひとつ、「コットンキャンディー」に注目♡

ピンクの紫陽花:コットンキャンディー♡

コットンキャンディーは、こちら♡薄くて淡いピンク色の紫陽花♡

咲き始め~満開~その後と、花びらの色が変化するのが特徴。

上品なクリームホワイトから始まり、柔らかなピンク色へ変化。咲き進むとアンティークグリーンカラーになり、春から初夏まで長い間愛でられるのが魅力です♡

スクロール社が開発して作った品種で、2013年にドイツの国際見本市IPMでベストインドアプランツ賞を受賞しています*

淡いピンク色の時も、グリーンの時も。クリーム色の時もどの瞬間も可愛い♡「コットンキャンディー」という名前がぴったりな、綿あめみたいな見た目です♡

結婚式のブーケや装花にも、取り入れてみてください♩

この記事に関連するキーワード