質問形式にするのがコツ!席札メッセージはテーマを決めると書きやすい♡

2019.05.28更新!!
きゅん
First e

席札メッセージって、何を書けばいいかわからない...。

いまや結婚式の定番おもてなし演出である、席札メッセージ*

私も披露宴に参加すると、(席札メッセージはあるかなぁ?もしあったら嬉しいな~)と思い、つい席札の裏や中を確認してしまう癖がついてしまいました...!

でも!

新郎新婦的には、ゲスト全員分のメッセージを書くのって本当に大変ですよね...!

女性は比較的メッセージを書くのが好きだったり、苦に感じない人も多いですが、

男性は親戚や友達に対して手紙を書くのなんてこれが初めて...という人も少なくありません。

なので、何にも決めずにテキトーに「じゃあ会社の同僚から~」と書き始めてしまうと、

・何を書けばいいのか分からず、すぐに詰まる

・みんな同じ定型文になってしまう

・人によって長かったり短かったりする

なんてことが起こってしまい、ゲストにも申し訳ない気持ちになり、ただただ大変なだけの作業になってしまいます。。。。。

テーマを決めれば書きやすい♩

そこで!

おすすめなのは、席札メッセージに書く内容に【テーマを決める】ことです。

事前にテーマを決めることで、質問に答える形式になるので誰に対してもすらすらと書きやすくなる、という大きなメリットあり♩

文章の長さも人によって極端に短くなることがないし、

何より定型文っぽくならず、自分の考えや思いを相手に届けることができるのが嬉しいポイントです。

どんなテーマがいい?

こんなテーマがおすすめ*

・ゲストの第一印象

・その人との一番の思い出

・その人とこれからどんなことをしたいか(飲み会や旅行、ランチなど)

いくつか選んで書けば、内容は充実します♩

席札メッセージは、テーマを決めると良い*

ゲストに喜んでもらえる結婚式のおもてなしのひとつ・席札メッセージ。

ゲスト何十人分ものメッセージをゼロから、行き当たりばったりで書くのは大変ですが、

書く前にテーマを決めて質問形式で内容を作っていけば、詰まることなくゲストそれぞれ違ったメッセージになるのが良いですよね*

ぜひ試してみてください!

この記事に関連するキーワード