水滴をプラスしたりシェルを使ったり♡2019年最新〔紫陽花ネイル〕デザイン

2019.05.24更新!!
きゅん

紫陽花ネイルが進化してる♡

梅雨の季節になると、定番のネイルアート紫陽花ネイル♡

大昔からずっとあるアートですが、2019年の紫陽花ネイルはちょっと違う、新しいデザインや発想が多め♡

(日々新しいパーツやアートが生まれるネイル業界すごいです><)

この記事では、今年風・最新の紫陽花ネイルをご紹介します♩

①押し花で紫陽花ネイル

ドライフラワーの押し花パーツで作る紫陽花ネイル♡

お花を置くところにカラーを重ねて、ぼや〜とさせるのが新しい*紫陽花っぽく見せるコツのようです♡

水滴をつけるのも今年風♩

葉っぱも使うと、さらに紫陽花の株の雰囲気が伝わります*

紫陽花そのものっぽくって、すごいでよね♡

②紫陽花のドライフラワー

紫陽花のドライフラワー(の花びら)そのものを爪に埋め込むアート♡

パールやゴールドパーツと組み合わせるのが今風です♡

お花の真ん中にストーンやパールを置くのも可愛い♡

いろんな色があるので、組み合わせ流のも楽しい♩

フレンチに合わせるアートも*

爪の先端を紫陽花の花びらで覆って、お花フレンチをするもの可愛い♡

③シェルで紫陽花を作る*

シェルフレークを並べて紫陽花を作るアートも可愛い♡

紫陽花というのは、「藍色があつまっているもの」というのが語源という説もありますが、本当にそんな感じ♡

シェルフレークは色の濃淡もあるので、本物の自然的な雰囲気も醸し出せます*

大きめの紫陽花をひとつだけ作るのも可愛い*

シェルの上にジェルをぷっくり乗せると、立体的に見えて可愛さアップ♡

雫を乗せるのも可愛い*葉っぱは、手書きで描くのが定番のようです♡

寒色系でまとめた季節感漂う紫陽花アート♡

④ホログラムで紫陽花を作る*

ホログラムを4つ使って紫陽花のお花を作るアート*

ホログラムは、丸くて白のオーロラが人気のようです♡

小さい丸をいっぱい周りに散らすのも紫陽花感アップ*

葉っぱを追加しても可愛い♡

今風な紫陽花ネイルに挑戦したい♩

5月の終わりくらいから6月は、紫陽花ネイルの季節♡

7月に差し掛かると、夏っぽいネイルの時期が始まるので、紫陽花ネイルをするならタイミング的には今しかありません*

ちょうどネイルチェンジの頃だ〜!という方はぜひ♩やってみてください♡

この記事に関連するキーワード