知ってた?お花屋さんで買ったお花は、種類によって花瓶に入れるお水の量が違う!のトップ画像

知ってた?お花屋さんで買ったお花は、種類によって花瓶に入れるお水の量が違う!

2019.06.26更新!!
きゅん
5ed5a516 1673 4b1e b60f 8f6b7fb19343

花瓶に入れる「お水の量」って、大事!

自分でお花屋さんで買ってきたり、記念日や誕生日のときに彼からプレゼントしてもらったり、招待された結婚式で装花をお土産でもらえたり...

大人になると、お花をおうちに飾る機会って、けっこう増えますよね*

そこで質問!

お花を花瓶に移し替えるとき、入れる「お水の量」を気にしたことはありますか?

知ってた?お花屋さんで買ったお花は、種類によって花瓶に入れるお水の量が違う!にて紹介している画像

「なんとなく花瓶の5~6割くらいを目安に入れてる」

という人も

「とりあえず花瓶たぷたぷに入れてる」

という人もいると思いますが...

実はお花は、種類によって、【入れるべき水量の適量が違う】のです!♡

なので、綺麗な状態を一日でも長く楽しむためには、

多めに入れたほうが良い深水のお花もあるし、少なめのほうが良い浅水のお花もあるし、お花によって適したお水の量は本当に様々。

知ってた?お花屋さんで買ったお花は、種類によって花瓶に入れるお水の量が違う!にて紹介している画像

どのお花にどのくらいのお水を入れるべきか、ご紹介します♩

水量多め!【深水】で活けたいお花はこちら

深水で飾りたいお花は、茎や枝が太かったり葉っぱがしっかりついている、水につけても腐りにくい花材に向いています*

【たとえば】

・バラ

・ライラック

・アジサイ

・芍薬

・アヤメ

・ワスレナグサ

・ボタン

花瓶の8割~9割くらいを目安にお水を入れて、葉っぱなどがもしお水に被ったら、さいしょに取り除いておきましょう!

お花のガク(いちばん外側にある花葉)を濡らさないように要注意*

知ってた?お花屋さんで買ったお花は、種類によって花瓶に入れるお水の量が違う!にて紹介している画像

水量少なめ!【浅水】で活けたいお花はこちら

浅水で飾りたいお花は、球根系の花材や、茎が柔らかい花材、茎に産毛のような細かい毛が生えている花材が当てはまります。

【たとえば】

・チューリップ

・ラナンキュラス

・ひまわり

・ガーベラ

・アネモネ

・菊

・コスモス

こういうお花はお水が多すぎると茎が腐れやすくなったり、傷んでしまうので、

水位の高さでいうと底から3~5cmくらい(もしくは茎の2分の1くらいまで)を目安に入れるのが、ちょうど良いみたい*

知ってた?お花屋さんで買ったお花は、種類によって花瓶に入れるお水の量が違う!にて紹介している画像

花瓶のお水の量、意識していきたい!

今までなんとなく入れていた、花瓶のお水。

これからは、お花の種類によって水量も気にしていきたいですよね!♡

ちなみに...

バラなどの深水のお花も、ガーベラ系の浅水のお花も一緒に飾ることも多いと思います。

そのときは、基本的には「切り花は浅水が良い」とされているので、水深5cmくらいにしておけばok*

もちろん、一日一回お水を入れ替えるのも忘れずに♩

知ってた?お花屋さんで買ったお花は、種類によって花瓶に入れるお水の量が違う!にて紹介している画像

この記事に関連するキーワード