実写ブームがきてる♡実写版ディズニー映画で主要キャストを務めた歴代女優・俳優リスト

2019.06.14更新!!
きゅん

実写版ディズニーの勢いがすごい!♡

ここ何年か、映画界では実写ブームと言わんばかりに、ディズニーの様々なアニメ作品が実写化されていますよね!♡

直近でいくと

2019年6月7日に公開された「アラジン」、同じく3月に公開された「ダンボ」

2018年には「プーと大人になった僕」

2017年には「美女と野獣」

2015年には「シンデレラ」

などなど、たくさんの実写版ディズニー映画が世界中で公開されました。

しかも!

この先も、実写ブームは加速するばかり!♡

2019年8月には「ライオンキング」

2020年には「ムーラン」と「ジャングルクルーズ」

公開日未定ですが、「リトル・マーメイド」や「ティンカーベル」の製作も予定されているそう。

いまからとっても楽しみです♩

歴代の主要キャストを振り返ります♡

アニメーションとはまた違って、キャストの熱演や歌声、CGを駆使した見ごたえのあるシーン、スケールの規模が魅力の、実写版ディズニー。

この記事では、歴代の主要キャストを務めた女優・俳優を作品ごとに振り返っていきます♩

(こういう配役って、誰がやったのかなー?他にはどんな作品に出てるんだろう?って、たまに無性に気になることありませんか?)

ぜひ、また観たい・新しく観たい映画も一緒に探してみてください♡

最新から順に並んでます。

2019年6月公開「アラジン」

いま、大ヒット公開中の「アラジン」♡

アラジン役を務めたのは、エジプト生まれカナダ育ちの俳優メナ・マスード(27歳)。

これまでは海外でもほぼ無名だったそうで、オーディションで見事アラジン役を射止めた新進気鋭の俳優さんです。

ヒロインのジャスミン役は、イギリス人の父とインドの母をもつナオミ・スコット(26歳)。

ディズニー・チャンネルの作品に出演していたこともある、エキゾチックな可愛さが魅力の、期待大のハリウッド女優さん♡

そしてジーニー役は、みなさんご存知ウィル・スミス(50歳)。

ジーニーの姿が公開されたあと、ネットでは「青いウィル・スミス」だと話題になりましたよね♩

愉快なキャラクターで映画を盛り上げてくれる役どころです。

2018年9月公開「プーと大人になった僕」

癒される&感動すると話題になった「プーと大人になった僕」♡

主人公の、大人になったクリストファー・ロビン役を務めたのは、スコットランド出身のユアン・マクレガー(48歳)。

スターウォーズのオビワン役や、ゴールデングローブ賞にノミネートされたムーランルージュが代表作です。

このあと紹介する、美女と野獣のルミエール役も演じています♩

2017年4月公開「美女と野獣」

ディズニーの名作「美女と野獣」♡

ベル役を務めたのは、もはや説明不要の世界的女優エマ・ワトソン(29歳)。

知的で、優しくて、とても美しくて強いベルでした♡

野獣を務めたのは、イギリス生まれの俳優ダン・スティーヴンス(36歳)。

野獣の姿はCGで作っていて、撮影ではこんなに大きな特殊スーツを着ていたそうです*

屈強なガストン役を務めたのは、ルーク・エヴァンズ(40歳)。

2002年ころから、自分がLGBTであることを早くに公言していたことでも有名な、かっこいい俳優さんです。

2015年4月公開「シンデレラ」

続いてはディズニーの原点「シンデレラ」♡

優しく聡明なシンデレラを務めたのは、リリー・ジェームズ(30歳)。

シンデレラは、デビューから2~3年後のオーディションで大抜擢された役で、リリー・ジェームズの経歴はまさにシンデレラストーリー♩

2018年に公開されたマンマ・ミーアの続編のヒロイン(ドナの若い頃)も務めました♡

王子役は、リチャード・マッデン(32歳)。

ゲーム・オブ・スローンズのロブスターク役や、ボディガード守るべきもののデイビッド・バッド役で有名です♩

そして重要な役どころの、いじわるなトレメイン夫人(シンデレラの継母)を演じたのは、オーストラリア出身のケイト・ブランシェット(50歳)。

ハリウッドで一番ハンサムな女優ともいわれていて、2013年にはブルージャスミンという映画で、アカデミー主演女優賞とゴールデングローブ賞を獲得した大物のひとり。

ロード・オブ・ザ・リングやアビエイター、アイム・ノット・ゼア、ベンジャミン・バトン数奇な人生が代表作です*

2014年7月公開「マレフィセント」

続いては、眠れる森の美女のヴィランズを主役にした「マレフィセント」♡

マレフィセントを演じたのは、言わずと知れた実力派女優のアンジェリーナ・ジョリー(44歳)。

2019年10月には、アメリカで続編が公開されるみたい。

そんなアンジーは、2014年に交際7年を経てブラットピットと結婚し、6人の子どもたちが描いたドレスを着たことでも話題になりました。

離婚騒動も落ち着き、いまは仕事に専念しているそうです。

オーロラ姫役は、エル・ファニング(21歳)。

子役時代から活躍している、期待のハリウッド女優さんです♡

オーロラ姫と恋に落ちるフィリップ王子を演じたのは、オーストラリア出身のブレントン・スウェイツ(29歳)。

2017年にはパイレーツ・オブ・カリビアン最後の海賊にも出演し、第二のオーランドブルームと評価されているそう*

2012年9月公開「白雪姫と鏡の女王」

最後は、白雪姫をモチーフにした「白雪姫と鏡の女王」♡

白雪姫を演じたのは、イギリス出身のリリー・コリンズ(30)。

あと1センチの恋などで有名な、きりっとした顔立ちの可愛い女優さんです♩

王子役は、 アーミー・ハマー(32歳)。

カーズや、君の名前で僕を呼んで、ビリーブが代表作です*

そして邪悪な女王を演じたのは、大物女優のジュリア・ロバーツ(51)。

1990年のプリティ・ウーマンでトップ女優となり、最近はワンダー君は太陽やベン・イズ・バックで有名です♩

実写版ディズニー、どれも素敵な作品♡

実写版ディズニー映画の、主要キャストを務めた女優・俳優をご紹介しました。

ディズニーが生み出したキャラクターを魅力たっぷりに演じた役者さんたちは本当に素晴らしくて、そこからファンになった人も多いはず♩

また見返したくなる作品ばかりです♡

この記事に関連するキーワード