ゲストと一緒に作り上げる♡今人気の結婚証明書は【タイル】を使ったデザインです!

2019.07.03更新!!
きゅん

今ホットな素材、コラベルタイル♡

「タイル席札」としてウェディングシーンで広まったコラベルタイル。

海外のゲストテーブルコーディネートに憧れる花嫁さんに人気の素材です。

コラベルタイルは席札として活用するのが定番ですが…

それ以外の、あるウェディングアイテムの素材として活用するのもおすすめです♩

タイルの結婚証明書がおしゃれ!

それは、コラベルタイルを「結婚証明書」にすること!

結婚証明書は、挙式で新郎新婦が結婚の誓いのためにサインする証書。

以前は紙に羽ペンで名前を書くのが一般的でしたが、最近は様々なスタイルで誓いを立てるカップルが増えています。

コラベルタイルの結婚証明書は、「ゲストがタイルをはめた証明書に、新郎新婦が最後にタイルをはめ、愛を誓う」というもの。

できあがったタイルの結婚証明書は、インテリアとしてお部屋に飾っておくことができます。

大切なゲストの名前が入った結婚証明書は、一生の記念になりますね。

コラベルタイルを使った結婚証明書作りの演出、詳しい流れをご紹介します。

【タイルの結婚証明書】演出の流れ①タイルを選んでもらう

会場にやってきたゲストから、タイルを選んでもらいます。

エスコートカードをつけて、ディスプレイしておくのがおすすめ♡

☑予めゲストの名前を書いたものを用意しておくパターン

☑何も書いてないタイルを用意して、ゲストに手書きしてもらうパターン

があります。

オーダーした名前を書いたタイルを用意すれば、結婚証明書の見た目のクオリティがあがります。

その場でゲストに名前を手書きしてもらえば、あたたかみのある思い出深い証明書になります。

好みに合わせて、好きなほうを選びましょう。

【タイルの結婚証明書】演出の流れ②タイルをはめてもらう

自分のタイルを見つけたら、結婚証明書となるボードにはめてもらいます。

位置を決めておくのか、自由にすきな場所にはめてもらうのかも、考えておきましょう。

ゲストが集まってくるにつれて徐々に完成されていくタイルの結婚証明書。

ウェルカムスペースの見どころにもなります。

【タイルの結婚証明書】演出の流れ➂新郎新婦が完成させる

ゲスト全員がタイルをはめおわった結婚証明書は、挙式の夫婦の誓いの際に登場します。

誓いの言葉の後、最後に新郎新婦がタイルをはめて完成♡

ゲストと同じ大きさのコラベルタイルをはめるのか、大きく特別なタイルをはめるのか。

タイルの結婚証明書を選んだりオーダーするときに、最後のパーツのデザインは重視したいポイントです♡

【タイルの結婚証明書】演出の流れ④お披露目

完成させたタイルの結婚証明書を、ゲストにお披露目します♡

挙式後は待合スペースに飾っておいてもいいですね。

みんなで作り上げた結婚証明書だから、思い入れも強まります♡

タイルの結婚証明書を用意しよう!

ゲストみんなで作り上げる、タイルの結婚証明書をご紹介しました。

おしゃれで珍しい結婚証明書を用意したいという花嫁さんや、ゲストとの思い出になる記念のアイテムを残したいという花嫁さんにおすすめです。

素敵なタイルの結婚証明書を完成させて、一生の宝物にしてください♡

この記事に関連するキーワード