【重要】「着たいドレスが着れない」を防ぐ!ドレスにこだわりたい花嫁の結婚式準備進め方のトップ画像

【重要】「着たいドレスが着れない」を防ぐ!ドレスにこだわりたい花嫁の結婚式準備進め方

2019.07.22更新!!
きゅん

ウェディングドレスに一番こだわりたい!

結婚式で一番こだわりたいポイントをひとつ挙げるとしたら、何ですか?

会場の雰囲気、演出、お花、料理…

いろいろ思い浮かぶけれど、中でも「ウェディングドレス」が真っ先に挙がるという花嫁さんも少なくないはず。

結婚式準備の中でも、特に時間をかけて、納得のいくまで選びたいですよね。

【重要】「着たいドレスが着れない」を防ぐ!ドレスにこだわりたい花嫁の結婚式準備進め方にて紹介している画像
@little.h___

ドレスこだわり派の準備は、最初の一歩から違う?

そんなドレスにこだわりたい花嫁さんの結婚式準備は、実は他の花嫁さんと最初の一歩から動き方を変えるべき。

通常の結婚式準備の進め方に従っていると、

「着たいドレスが着られなかった」

「本番間近になってもドレスが決まらずストレス」

という事態になりかねません。

この記事では、ドレスに特にこだわりたい花嫁さん向けの結婚式準備のステップをご紹介します。

【重要】「着たいドレスが着れない」を防ぐ!ドレスにこだわりたい花嫁の結婚式準備進め方にて紹介している画像
@n_wd_a

ステップ①理想のドレスのイメージをかためる

結婚式準備のまず最初の一歩といえば、式場見学ですが…

ドレスが一番重要な花嫁さんは、その前にするべきことがあります。

それは、理想のドレスのイメージを早々に固めてしまうこと。

とはいっても、試着もしていない状態で、ブランドやドレスを絞り込むのは不可能ですよね。

決めておきたいポイントは、大きく次の三つ。

☑️ドレスのスタイル

☑️ドレスの素材

☑️インポートor国内ブランド

王道のボリュームのあるプリンセススタイルがいいのか、海外っぽさのあるスレンダースタイルがいいのか。

シルクやサテンで正統派な雰囲気で攻めるのか、チュールやオーガンジーでふわふわ感を演出するのか。

希少なインポートドレスから選びたいのか、選択肢の多い国内ブランドか。

このポイントをざっくり決めておけば、効率的に次のステップに進むことができます。

【重要】「着たいドレスが着れない」を防ぐ!ドレスにこだわりたい花嫁の結婚式準備進め方にて紹介している画像
@ikik_wd_0428

結婚式では、前撮り、挙式、お色直し、二次会と一般的には4回ウェディングドレスを着るチャンスがあります。

それぞれのシーンごとに、前述の三つのポイントを決めておくのがおすすめです。

違ったスタイルのドレスを着た自分を何パターンもイメージすることで、よりドレス選びが楽しみに、具体的になります♡

ネットやSNS、ドレスサロンのホームページ、ブライダル雑誌で情報収集しましょう。

【重要】「着たいドレスが着れない」を防ぐ!ドレスにこだわりたい花嫁の結婚式準備進め方にて紹介している画像
@milkwd1104

ステップ②式場選び

ドレスのイメージがかたまったら、いよいよ式場見学に進みます。

アクセスや料理など、一般的に気にしたいチェックポイントとは別に、確認しておきたいのが以下。

☑️提携のドレスサロンリスト

☑️提携外のドレスの持ち込みの有無

☑️ドレスの持ち込み料

☑️持ち込みにより適用不可になる特典の有無

ドレスこだわり派の花嫁さんにとって、提携のサロンの顔ぶれは非常に重要。

式場によっては持ち込みが一切不可だったり、サロン数が限られていたりして、着たいドレスが着られない場合も。

特にスレンダードレスやインポートドレスを着たい場合は、そもそも取り扱いがないサロンもあるため、注意が必要です。

持ち込みができる場合も、一着10万〜と高額な持ち込み料がかかることがほとんどなので、式場を契約する前に必ず確認し、見積もりを比較するようにしましょう。

【重要】「着たいドレスが着れない」を防ぐ!ドレスにこだわりたい花嫁の結婚式準備進め方にて紹介している画像
@ru.023411

それ以外のポイントとしては、ステップ①でイメージしたドレス姿と、会場の雰囲気がマッチするか?ということも重要です。

内装が豪華な場合、ナチュラルでシンプルなドレスだと、寂しいかも。

チャペルの祭壇前に階段がある場合、トレーンが短いともったいないかも。

天井にシャンデリアがある場合、ビジューがキラキラのドレスが合いそう。

廊下や階段の床が絨毯の場合、チュールよりシルクの方が似合いそう。

などなど、それぞれのスポットで「どんなドレスが一番似合うのか」「それは自分のイメージするドレスなのか」をチェックして。

式場のホームページやインスタグラムアカウントを見ると、当日撮影してもらえる定番のフォトスポットでの写真が見られるので、先輩花嫁さんたちがどんなドレスを着ているのか見てみるのがおすすめです。

【重要】「着たいドレスが着れない」を防ぐ!ドレスにこだわりたい花嫁の結婚式準備進め方にて紹介している画像
@r.y.purehanayome.team1110

ステップ➂ドレス試着

式場が決まったら、いよいよドレス試着!

ドレス試着は、始める時期が早すぎてもドレス迷子になってしまうので、6〜8ヶ月前から予約するのがおすすめです。

一年以上前にドレスを抑えても、好みが変わってキャンセルしたいと悩む可能性があります。

ただし、人気のサロンは予約が1ヶ月待ちということもあるので、予約の問い合わせだけは早めに動いておいて損はないはずです。

オーダードレスも視野に入れている場合は、8〜10ヶ月前に動き出すようにしましょう。

インポートブランドのドレスでは、納期が平均6ヶ月かかるので、一目惚れしたドレスが取り寄せられない…なんてことも。

【重要】「着たいドレスが着れない」を防ぐ!ドレスにこだわりたい花嫁の結婚式準備進め方にて紹介している画像
@chee__wd

レンタル、オーダーどちらにしても、本番2〜3ヶ月前にドレスが決まっている状態が理想です♡

ドレスに合わせて、ブライダルアクセサリーやウェディングブーケ、シューズなどをゆっくり吟味しましょう。

ドレスに合わせる理想のアイテムたちを少しずつ集める幸せは、プレ花嫁の特権です♡

ドレス選びから始める結婚式準備♡

結婚式で一番こだわりたいものはドレス、という花嫁さん向けの準備のステップをご紹介しました。

一度会場を決めてしまうと変更はなかなか難しいので、なんとなく理想の花嫁姿がある!という方は、まずはステップ①から始めてみるのご良さそうです♡

計画的に動いて、結婚式では最高のドレス姿を披露しましょう♩

【重要】「着たいドレスが着れない」を防ぐ!ドレスにこだわりたい花嫁の結婚式準備進め方にて紹介している画像
@yuka_yuki.wedding0617

この記事に関連するキーワード