花嫁を守る言い伝え♡海外ウェディングでは定番「ブーケチャーム」をつけるのが素敵♡

2019.07.25更新!!
きゅん

「ブーケにチャーム」見たことある?

外国の花嫁さんの写真で、ブーケにチャームが付いているものを見かけたことはありますか?

そのチャームは、写真のフォトチャームだったり、アルファベットチャームだったりと様々。

チャームには「お守り」の意味がある♡

ブーケに付ける「ブーケチャーム」には、お守りの意味があります。

花嫁が持つブーケには「悪魔が嫌う花の香りで、花嫁を悪魔から守る」という意味があり、そこにお守りであるチャームを付けることによって、花嫁をさらに強く守ってくれると言い伝えられています。

もしご両親や祖父母、ご友人など花嫁さんにとって大切な人が亡くなっている場合は、ロケットチャームに写真を入れて飾るのが定番。

大切な人が、近くで見守ってくれているようで素敵ですよね♡

ハート型やお星様型など。チャームにはそのモチーフごとに違う意味合いが込められています。

☑ハート:真実の愛

☑星:願いが叶う

☑キー:物に困らない

☑犬:多くの人に愛される

☑リボン:心の絆

☑いかり:安定した生活

☑クローバー:幸運のシンボル

ヴィトンのパドロックをブーケチャームにして、結婚式後は鍵と南京錠をそれぞれネックレスにして、彼と一つずつ持つのも素敵です*

イニシャルには「絆を深める」意味があるので、自分と彼のアルファベットチャームを付けるのも良さそうです♩

これからの抱負や彼からのメッセージをチャームにするのも良いアイデアです♡

ブーケチャームを用意しよう♡

「花嫁を守る」意味のあるブーケチャーム*

大きなブーケを持つとお花で見えなくなってしまいますが、それでも「自分だけの密かなお守り」として心強い存在になるはず♡

チャームを付ける場合はフローリストさんに相談して、事前に持ち込むようにしましょう♩

この記事に関連するキーワード