ラフでこなれたアンティークな感じがおしゃれ。【ハンドメイドペーパー】を使ってみたい♡

2019.08.20更新!!
きゅん

「ハンドメイドペーパー」って知ってる?

「ハンドメイドペーパー」「コットンペーパー」「リネンペーパー」などと呼ばれる紙を聞いたことがありますか?

これらはコットン(綿)やリネン(麻)から出来た紙のこと。コットンの繊維が見える紙で、自然の風合いや滑らかな手触りが魅力的*

木材が紙の原料として使われる前に、ヨーロッパで多く使われていた紙です。

端は直線で切っているのではなく、手で千切ったような感じでラフな印象。昔ながらのアンティークっぽさもある紙です*

ハンドメイドペーパーを結婚式で使うのがお洒落*

ハンドメイドペーパーを結婚式で使うと、色んなアイテムがこなれたお洒落な雰囲気になるのが魅力的♡

☑メニュー表と席札

☑受付サイン

☑テーブルナンバー

☑メッセージカード

☑招待状

などゲストの目につくポイントをハンドメイドペーパーにするのが良さそうです♩

スペインの「ARPA」が有名*

コットンペーペーは400年の歴史を持つスペインの「ARPA社」のものが有名*

値段はA5サイズ5枚入りで700円くらい。1枚100円以上の紙と考えると少し高いですが、小さく切って席札に使ったり、テーブルナンバーなど少ないアイテムに使えばそこまで気にならないかもしれません。

➡ARPAの詳細はこちら*

ハンドメイドペーパーを使ってみよう*

コットンペーパー、リネンペーパーなどと呼ばれる「ハンドメイドペーパー」をご紹介しました*

ハンドメイドペーパーは普通の紙とは違い自然な質感でこなれた雰囲気になるので、お洒落な結婚式にぴったりのアイテムです♡

普通の紙と比べると少し割高になりますが、一目で「高そうなお洒落な紙!」と分かってもらうので、使ってみる価値はありそうです*

この記事に関連するキーワード