蛍がとまったみたい♡指先にきらり「先端ストーン」のネイルアートが可愛い♡

2019.08.16更新!!
きゅん
First a

\i'm on the edge/

ネイルアートで、スワロフスキーを置く場所って、今までの風習的には「根元」が基本じゃないですか?

邪魔にならないし。

取れにくいし。

無難だし。

根元のアーチに沿わせる感じとか、根元に1粒ぽんと置く系のアートは、もう10年以上前から定番中の定番。

でも!!

そういうのばっかりじゃ、つまらない.....。

そう思いませんか?

この記事でご紹介するのは、「取れにくい」とか「引っかからない」とかいうのを一切無視した、ストーンを先端に置くネイルアート♡

私も1度やったことがあるのですが、正直生活はしにくかったです。

でも、可愛かったからやってみたかったです♡

爪の先にラインストーン。私は大きめのものをつけたのですが、爪の先がキラッとして、手を空にかざすたびに、指先に蛍がとまっているみたいで幸せでした♡

「きらめきを重要視したいので、もはやトップのコーティングも、ストーンを覆うようなのはなしにしたい!!」

それくらい、キラキラ最優先のネイルアートです♡

可愛いデザインをご紹介します♩

「先端にストーン」がおしゃれなネイルアート

<1>

細フレンチに、スワロフスキーのストーンを爪の本当に先に、ちょん。シンプルながらもエレガント♩

<2>

アシンメトリーなネイル。赤ベースにシルバーのストーンは目立ちますね*

<3>

乳白色に爪の先にオーロラストーン♡小さいストーンも儚くて可愛いけど、ダイヤモンドカットの大きいストーンをポイントにするのも可愛いですね♡

<4>

ヌーディーカラーのベースに先端ストーン♡

少し大きめのストーンで華やか。

<5>

金箔やストーンをミックスして先端に♩パールも可愛い♡

<6>

カラフルストーンの先端アートもイメージががらっと変わっておしゃれです*

<7>

ラメグラデーションに先端スワロ♡

<8>

フレンチと組み合わせるのも可愛い♡一見物足りないくらい小さいストーンを置くのが、儚い感じで可愛い秘訣*

秋は、先端パールが流行りそう♡

爪の先端にスワロフスキーのストーンを置く、シンプルだけどキラッとひかる、繊細で可愛いネイルアートをご紹介しました♡

小さいストーンだと、そんなには邪魔にならないし、取れやすさもそんなにではないのでおすすめ。

(ストーンは大きい方が邪魔で取れやすいです)

ストーンの上はトップコートでカバーしている感をあんまり出さずに、ストーンのカットを楽しみたいものです♩

ちなみに**

先端アートはパールでやっても可愛いので、秋冬はこんなアートも流行りそうです♡

やってみてください♩

この記事に関連するキーワード