定番だけど憧れる!結婚式で履きたい有名3大ブランドシューズまとめ*

2019.08.28更新!!
きゅん
First a

たくさんある♡ブライダルシューズの憧れブランド!

結婚式当日に履くブライダルシューズ♡

ブライダルシューズは、やっぱりジミーチュウやマノロブラニクなどの、世界的にも有名で、

ブランド名を聞くだけで背筋がスッと伸びるような、憧れブランドの靴を履けると幸せ♡

安さ重視の靴よりもそっちのほうがウェディングシーンにぴったりの特別感・高級感があるし、

「結婚式で履かないで、いつ、そういう本当に良い靴を履くんだ...!」とも思ったりするので、まずは検討候補に入れることが大事♡

そこでこの記事では、定番だけど憧れる、ブライダルシューズブランドの人気靴をご紹介します。

①Jimmy Choo(ジミーチュウ)

1996年に、デザイナーのジミー・チュウとVOGUE編集者のタマラ・メロンによって共同設立されたイギリス生まれのジミーチュウ*

エレガントなデザインと、長時間履いていても疲れにくいところが、世界中のセレブや花嫁さんに愛されている理由です。

人気なのは、王道シンプルな形のポインティパンプス「ROMY」♩

カラーバリエーションや素材、ヒールの高さなどが豊富なラインナップから選べるのですが、日本の結婚式ではキラキラのグリッターシューズが定番です♡

グリッターの種類も、ラメの粒が細かいものから大きいものまで色々* 

お気に入りが見つかります。

すっごく華やかなグラデーションのグリッターも。

ROMYのグリッター以外は、女性らしい可憐な雰囲気のフローラルレースデザインも人気*

透け感があって、足を綺麗に見せてくれます。

日常使いもできるのが嬉しい♩

飾りなしのシンプルなROMYシリーズのお値段はだいたい82,080円~105,840円くらいで、

「ティアラ」と呼ばれるビジューがラウンドに施された靴は、139,320円です。

②Manolo Blahnik(マノロブラニク)

続いては、マノロブラニクのご紹介。

こちらもイギリス生まれの、1973年創業のブランド*

リボンやビーズ、スワロフスキーなどを組み合わせたデザインが多くて、特に人気なのは、Hangisi(ハンギシ)シリーズ。

Sex And The Cityの映画のなかで、キャリーが結婚式シーンで履いたことがきっかけでHangisi=ブライダルシューズのイメージがついて、今では世界中で大定番に。

甲にある、四角いキラキラのビジューがチャームポイントです♡

こちらは、よく見るロイヤルブルーのシューズ♩(鮮明な青の色が素敵)

可愛い雰囲気が好きな花嫁さんは、明るいピンク系がおすすめ*

Hangisiは、きちんと感のある正統派デザインなので、上品な雰囲気をしっかり感じられるのも良い。

ブルーグレーっぽい、ロンドングレーのHangisiも人気*

少しくすんだ色味で、ギラギラ感がないから、挙式後も日常使いできそうな見た目♩

ホワイト×ブルーは、これぞ結婚式!という雰囲気でロマンティック♡

Hangisiシリーズは、お値段13万円~14万円が定価です。

③Christian Louboutin(クリスチャン ルブタン)

クリスチャンルブタンは、1992年設立のフランス生まれのシューズブランド。

靴裏の、真っ赤なレッドソールがトレードマーク♩

後ろ姿がすごくエレガントに仕上がります♡

そんなルブタンで、花嫁さんに一番選ばれているのがFollies Strassシリーズ。

シースルー×ラインストーンの、透明感があるキラキラデザインです♡

ドレスの裾から足元がちらりと見え隠れしても大丈夫な、むしろみんなに見せたい♡って思う素敵な一足です。

ピンク系も、可愛い♡

ストーンの色も違うので、ちょっとずつ雰囲気が変わってきます。

おとなっぽい黒のFollies Strassも♩

お値段は167,400円です。

気になる靴はどれ?

ブライダルシューズとして世界中で人気の、

①Jimmy ChooのROMY

②Manolo BlahnikのHangisi

③Christian LouboutinのFollies Strass

をご紹介しました*

おしゃれは足元から♡

そして、良い靴を白と幸せな場所に連れて行ってくれるという言い伝えもあり。

靴にはこだわって、妥協なしの花嫁姿を完成させてください♡

この記事に関連するキーワード