令和最初の十五夜がやってくる!作って食べたい【お月見ごはん】のアレンジレシピ♩

2019.09.10更新!!
きゅん
First a

令和最初のお月見は、9月13日(金)です。

秋といえば、夜の時間が長くなってお月さまが綺麗に見える季節。

お月見のシーズンがやってきました♡

お月見は、一般的には旧暦8月15日の十五夜のことを指すのですが、

現代の新暦では1ヶ月~2ヶ月ずれがあるので「9月7日から10月8日の間で、満月が出る日」が十五夜として定められています。

なので!

2019年は、例年よりも少し早い9月13日(金)が十五夜の日♩

満月が出ます。

ちょうど週末が始まる金曜日なので、綺麗なお月さまを眺めながら、美味しいごはんを食べて彼とゆっくり秋の夜長を楽しみたい!♡

作ってみたい、可愛いお月見ごはんのレシピをご紹介します。

お月見ごはんの献立【1】

うさぎのおにぎりは、お月見ごはんの定番メニュー♩

緑の耳は、海苔やきゅうり、さやえんどう。赤い目は、ぶぶあられなどで作るのがおすすめです。

ライスのまわりには、つくねやさつまいもの甘煮、だし巻き卵やきのこのマリネを盛り付けると、秋っぽいプレートの完成。

お月見ごはんの献立【2】

こちらは和風オムライス。まんまる卵が満月みたいです♩

上には、大根おろしアートで作ったうさぎがちょこんと乗っているのが可愛い。

オムライスの中身は、鮭フレークと炒りごまの混ぜごはん。そしてきのこのあんかけをレンジで作ってかけたそうです*

お月見ごはんの献立【3】

お月見カレーは、料理が苦手でも作れそう♡

卵の黄身がお月さま風、2匹のうさぎはチーズです。

ルーのかけ方も、白米の見え方も、どことなく月の形っぽくて素敵です♩

お月見ごはんの献立【4】

こちらは、またちょっと違ったお月見カレー♩

ルーをお皿に先に盛り付けて、そのあと白米をうさぎの形にして乗せたアレンジカレーです。

周りには、星型のにんじんを☆

お子さんにも可愛い!と喜ばれそうです♡

お月見ごはんの献立【5】

三日月の形のオムライスも、お月見の日に食べたい晩ごはん候補♩

ダイソーのお月様の型に、チキンライスと卵を詰め込んで作ったそうです。

卵の、うすめの色味もお月さまっぽくて上手*

お月見ごはんの献立【6】

お団子風のお月見プレートも真似したい*

ゆで卵が満月イメージ。

普段お茶碗に盛り付ける白米を、こんな風に平プレートに並べるだけでもお月見感が出ますよね♩

どんなお月見ごはんを作る?

2019年のお月見は、9月13日の金曜日。

季節感のあるお月見ごはんを作って、満月を見ながら家族と楽しい時間を過ごしたいですよね。

ぜひ参考にしてみてください♩

この記事に関連するキーワード