別荘の装花にも使われているらしい!「クレイフラワー」って聞いたことある?

2019.09.11更新!!
きゅん

美しい♡「クレイフラワー」って知ってますか?

布で作ったお花。

石鹸を彫って作ったお花。

紙で作ったお花。

など、お花を表現するアートは様々な素材を使ったいろんな技法がありますが....

「粘土」でお花を作る「クレイフラワー」について、見聞きしたことはありますか??

こちらが、材料が粘土のクレイフラワーと呼ばれる造花。

よーく見てください♡ひらひら薄くて繊細な花びらは、まるで本物のお花のよう。(私が幼稚園や小学校で工作の時間に作っていた粘土あそびのおもちゃとは似ても似つかない)芸術的作品に見えます♡

どんな粘土で作ってるの?

クレイフラワーで使われている粘土は、樹脂粘土という粘土。UVライトで固めたりする必要なく、形作ってそのまま置いて乾燥させると固まる...という性質で、素材としては木工用ボンドと同じものです。

最近ではダイソーなど100円ショップでも取り扱われていて、フェイクスイーツを作ったりマカロンタワーを作るのに使われています*

そんな樹脂粘土を形作って仕上げるクレイフラワーは、生花とは違う・また普通の布の造花(アーティフィシャルフラワー)とも違う魅力があります。

☑︎枯れない

・・・アーティフィシャルフラワー同様、長い期間楽しめます。

☑︎本物そっくりにできる

・・・色も形も思い通り。シワだってひだだって思い通りに作れます。

☑︎本物よりも、思い通りにできる

・・・茎の向きや曲がり方や、お花のつき方など。自然界のお花ではコントロール不可な造形を自由自在に作り上げられます♡これは、アーティフィシャルフラワーとも違う魅力*

☑︎お花の種類が自由♡

・・・生のお花は、時期によって手に入れられる花材が変動します。人気のお花は売り切れになったりすることも。その点、クレイフラワーは作ればよいものなので【売り切れ】という概念と無縁でいられます。

これらの特徴から、クレイフラワーのフラワーアレンジメントは(お手入れがたまにで良いので、たまに訪れる)別荘などのセンターピースや玄関のお花に選ばれたりすることも多いみたい*

クレイフラワーの大きなフラワーアレンジメントの作品を作り上げるのには手間と時間がかかるので、アーティフィシャルフラワーよりも高価になることが多そうですが、そんなのが飾ってあるお家や別荘って素敵すぎます....!

自然界では再現が難しい、「人間の理想通りの・生き生きとしたお花の様」を表現できるクレイフラワーで作ったフラワーアレンジメントはやっぱり芸術的です♡

クレイフラワーで作れる作品*

そんなクレイフラワーでは、こんな作品が作られています♡

<アレンジメント♡>

<フラワータワー>

<フラワーリース>

<バレッタ♡>

<ボックスフラワー>

<ミラー>

<アクセサリー♡>

<ブーケ>

<リングピロー>

<iPhoneケース>

などなど♡

本物のようにリアルなものから、可愛らしいラブリーなものまで、いろんなクレイフラワーの作品がハンドメイドで生まれています♡

クレイフラワー、気になる♡

枯れない・色も長持ち・香りもしないし、アロマを染み込ませたりすることも可能なクレイフラワー。

細かく繊細なものを作るのは大変ですが、その手間暇や機微に込められたセンスがおしゃれで素敵♡

「枯れないお花を使いたいな」という時の候補におすすめです♡

この記事に関連するキーワード