指輪に触って愛を吹き込んでもらう挙式演出*【リングワーミングセレモニー】って知ってる??

2019.10.04更新!!
きゅん

指輪を使った素敵な挙式演出があります*

挙式で、新郎新婦の指輪を使った演出といえば、リングボーイやリングガール、リングリレー、エンゲージカバーセレモニーが有名で、これ以上はもうないなぁと思っていましたが.......

海外ウェディングで、またひとつ見つけてしまいました!♡

「リングワーミングセレモニー」という演出を、知っていますか??

リングワーミングセレモニーの定義*

リングワーミングセレモニーは、新郎新婦が指輪交換をする前に、ゲスト一人ずつにふたりの指輪を触ってもらい、そして温めてもらう儀式のこと。

名前の通りringをwarming(温める)、ゲスト参加型のセレモニーです*

イメージ的にはゲストに指輪を回してもらうリングリレーと似たような演出ですが、

ゲストは自分に指輪が回ってきたときに、すぐに隣の人にパスするのではなく、数秒間「新郎新婦との思い出と、これからのふたりの幸せを祈る」時間をとるのが、リングワーミングセレモニーの特徴。

指輪に愛を吹き込むのです...!

(指輪だけでなく、心までほっと温かくなる演出です♡)

どんな流れでやるの?

リングワーミングセレモニーは、挙式の指輪交換の直前に行うのが基本。

牧師さんや司祭者からの一通りの説明のあと、後ろに座っているゲストから順に、指輪を眺めたり触ったりして隣の人に渡していきます。

思いを込めるので、人によっては少し時間がかかることも。

そして最後は、新郎新婦の両親から主役のふたりにお届け*

参列人数が少ない場合や家族婚では、新郎新婦ふたりの指輪を2本セットで全員に回すこともあるそうですが、

時間の問題で、新郎の指輪は新郎側ゲストに・新婦の指輪は新婦側ゲストにそれぞれ回すことが多いようです。

指輪は、どんなアイテムに入れるの?

ふたりの結婚指輪は、落としたり・なくしたりしてしまわないように、何かしらのアイテムに入れて回します。

たとえば、オーガンジーの小さな袋*

袋越しに、指輪にふんわり触れることができます。

かごリングピローも定番。安心感があります。

小さなプレートを使うのもおしゃれ*

こういう小さいお皿って、可愛いのにあまり使う機会がなかったけれど、リングワーミングセレモニーでは大活躍です。

ふたりの指輪にリボンをちょうちょ結びするだけでも可愛い♡

こちらは丸太プレート。

リボンに通しておけば滑り落ちる心配もありません。

【別パターン】受付で触ってもらうリングワーミングセレモニーも♩

リングワーミングセレモニーは、挙式でゲスト全員に回してもらうのが一般的な流れ・やり方ですが、

✓人数が多くてみんなに回すのが難しい

✓時間がなくて挙式スケジュールに組み込めない

という場合も、もちろんあります。

そんなときは、受付やウェルカムスペースに指輪を置いておいて、そこで指輪を触ってもらうという別パターンでの開催も可能**

指輪に触って愛を吹き込んでもらう挙式演出*【リングワーミングセレモニー】って知ってる??にて紹介している画像
@a.mzwd

すごく珍しいので、ゲストにとっても(いつもとは違う)新鮮で楽しい待ち時間になりそうです。

指輪に触って愛を吹き込んでもらう挙式演出*【リングワーミングセレモニー】って知ってる??にて紹介している画像
@a.mzwd

受付でリングワーミングセレモニーを行う場合は、説明カードや案内ボードなどを必ず用意しておきましょう。

【おすすめの例文はこんな感じ】

リングワーミングセレモニーとは、挙式の指輪交換前に、ゲストの皆様全員に私たちの指輪に触れていただき、指輪を温めてもらう海外発祥の儀式です。

指輪に触れながら、私たちとの思い出や、これからの未来を思って、指輪に愛を吹き込んでいただけると嬉しいです。

皆様の愛で包まれたこの指輪を、夫婦の証として交換します。

リングワーミングセレモニーに注目*

日本ではまだまだ珍しいけれど、海外からきたリングボーイやリングリレーの演出がだんだん広まっていったように、これからやる花嫁さんが増えていくかも?♡

気になったら、まずは彼やプランナーさんに相談してみてください。

素敵なセレモニーの時間になりますように♡

この記事に関連するキーワード