ノスタルジックな雰囲気♩線路に入り込んで写真撮影ができる【廃線になった全国の線路】

2019.10.22更新!!
きゅん

線路前撮りが気になる♡

外や自然の中でのロケーション前撮りを考えている花嫁さんに、ある場所での撮影を提案したいです♩

その場所とは、線路...!!

廃線になっていまはもう使われていない、人が入っても大丈夫な「線路の跡」でウェディングフォトを撮るのって、どうでしょうか?♡

まるでジブリ。ノスタルジックな絵になる*

線路で撮るウェディングフォトは、周囲の景色や雰囲気によっても変わってきますが

緑が多い場合が多いので、ナチュラルで・ノスタルジックで・なんとなくジブリ映画っぽい・柔らかい空気感を持つのが特徴*

希望あふれる物語のワンシーンのような、温かいタッチの写真が撮れます♡

それに、「線路は続くよどこまでも」という童謡があるように、明るく楽しい汽車旅=新郎新婦の結婚生活とも関連づけられるので、

後付けではありますが、前撮りスポットとしてもぴったり!!

「恋愛は向き合うもの。結婚は同じ方向を向くもの。」と言う言葉もありますが、線路前撮りでは、これからもふたりでまっすぐ、同じ方向に向かって歩いていこうね。

そんな良い意味を込められます♩

線路の上で、どんなポーズで撮影する?

線路のレール上を並んで歩く♡

線路でエスコート♩

向かい合って手を繋いで顔を近づけて♡

線路の間に座ってバックハグ*

旅の途中で、ゆっくり休憩している感じ♩

立ったり座ったり歩いたり、いろんな構図で撮影できそうです。

有名な廃線路って、どこ?

線路は、本来絶対に立ち入ってはいけない場所。

じゃあ、廃線になっていて、人が入れる線路の跡はどこにあるのでしょうか?

✓北海道小樽市

「旧手宮線跡」

1880年北海道で最初の鉄道として開通し、1985年に廃線になりました。今は北海道の定番観光地ですよね。

✓北海道上士幌町

「旧士幌線跡」

1925年に開通し、1987年に廃線に。森の中にあるので、緑いっぱいの写真が撮れます。

✓京都府京都市

「蹴上インクライン」

1891年に開通、1977年に産業遺産として復元された、南禅寺の近くにある全長582mの傾斜鉄道跡です。

春には満開の桜が咲きます*

✓鳥取県倉吉市

「旧国鉄倉吉線廃線跡」

1912年に開業し、1985年に廃線になった竹林に囲まれた線路跡です。

など*撮影ができるかは、問い合わせてみてください。

線路の廃線跡でウェディングフォトを撮るのも、良いかも♡

廃線になった線路跡でのウェディングフォト撮影は、幻想的で、ノスタルジックで、物語の中の入り込んだような気分になれます♩

ハワイやオーストラリアなどの海外で、線路前撮りしている花嫁さんも多かったです。

電車好き・鉄道好きの新郎にとっては、最高のスポットかも...!?

廃線跡でのロケーション前撮り、ぜひ検討してみてください*

この記事に関連するキーワード