クリスマスブーケにも使われる♩冬によく見る白い丸い実は「ブルニア」と言います*

2019.11.25更新!!
きゅん

この白い実の名前を知ってる?

クリスマスシーズンのブーケなどでよく見かける、この白い実(植物)。

「たまにお花屋さんで見かけるけど、名前まで知らない…」という方も多いのではないでしょうか?

この実は「ブルニア」と言います*

ブルニアはどんな植物?

ブルニアは南アフリカが原産の植物で、プロテアやピンクッションと同じく「ワイルドフラワー」とカテゴライズされています。

冬によく見る白っぽい色味の種類は「シルバーブルニア」。

夏のブーケによく入っているピンク~オレンジ色味の種類は「レッドブルニア」と言います*

時期は4月頃ですが、年間を通して出回っていて、水分が少ないのでドライフラワーにしても見た目があまり変わらないのが特徴。

ころんと可愛い見た目で、ウェディングブーケのアクセントとしてもよく使われています♡

「白っぽい実」「よくブーケに入っているシルバーの実」ではなく、『シルバーブルニアを入れてください』と名指しでフローリストさんにお願いできれば齟齬が無く、理想のブーケを作ってもらえそうです♡

《ブルニアを入れたウェディングブーケ》

参考にしたい、ブルニア入りブーケは、例えばこんなの♡

白い丸まったお花「コットンカップ」、白くて花びらの先がとんがっている「ラークスパー」、黄緑の「ブプレリューム」、そしてシルバーブルニアを入れたナチュラルブーケ。

ブルニアがホワイトとグリーンのアクセントになっています*

花びらの長いフランネルフラワーをメインにしたウェディングブーケにブルニアをオン。ドライな雰囲気があって、秋冬の結婚式にぴったり♡

アネモネをメインにした華やかなウェディングブーケにもブルニアは相性ばっちり。お花に見え隠れするくらいの高さにすると控えめで素敵です*

ブーケがお洒落になる「ブルニア」を入れてもらおう*

入れるだけでなんとなくお洒落に見える丸い実「ブルニア」。

特に、秋冬っぽいウェディングブーケによく似合う花材です*

ひらっと大きいお花やグリーンのアクセントになるので「よく見るあの白い実を入れて欲しい!」と思ったら『ブルニア』と思い出してください♡

➡ブーケの記事一覧はこちら*

この記事に関連するキーワード