自分で書くのは大変だけど。「カリグラフィー風の消しゴムはんこ」があると便利*のトップ画像

自分で書くのは大変だけど。「カリグラフィー風の消しゴムはんこ」があると便利*

2019.11.28更新!!
きゅん

最近人気の「カリグラフィー」。

美しく文字を書く技法「カリグラフィー」。席札や招待状など結婚式のペーパーアイテムで、流れるような筆記体が自分で書けたら素敵ですよね♡

最近ではカリグラフィー教室も流行っていて「自分で書けるようになりたい!」と思っている方も多くいると思います*

自分で書くのは大変だけど。「カリグラフィー風の消しゴムはんこ」があると便利*にて紹介している画像
@chercher_ay

カリグラフィーを消しゴムハンコに♡

とは言え、初心者がいきなりカリグラフィーを習得するのは大変なこと。馴染みのある日本語だって書道で書くのは難しいのと一緒で、そもそも筆記体も書けない状態からカリグラフィーをやる、というのは至難の業です…!

そんな「カリグラフィーのアイテムを使いたいけど、自分で書くのは難しそうだなぁ」と思っている人にお勧めしたいのは、カリグラフィーの消しゴムハンコを使うこと*

自分で書くのは大変だけど。「カリグラフィー風の消しゴムはんこ」があると便利*にて紹介している画像
minne.com

自分でカリグラフィーをした消しゴムハンコを掘れば、印刷とは違い手で書いた(掘った)暖かみがあります♡

1つ作ればポンポンと何度も押すことができるので、サンキュータグやウェディングロゴにぴったり♩

自分で書くのは大変だけど。「カリグラフィー風の消しゴムはんこ」があると便利*にて紹介している画像
minne.com

カリグラフィーの消しゴムハンコの作り方*

カリグラフィーの消しゴムハンコの作り方は、基本の消しゴムハンコの作り方とほとんど一緒。

①トレーシングペーパーにカリグラフィー風フォントを印刷して、消しゴムにトレースします。

消しゴムハンコは押すと反転してしまうので、トレースするときは予め反転したものを印刷しておきましょう♩

➡覚えておくと便利!wordやExcelの文字を反転させる簡単な方法*

➡無料ダウンロードしてdiyに使える♩おしゃれなカリグラフィー風フォント8選♡

自分で書くのは大変だけど。「カリグラフィー風の消しゴムはんこ」があると便利*にて紹介している画像
minne.com

②あとは印刷したフォント以外の部分を彫刻刀で削れば完成*

この動画に詳しい作り方が載っているので、参考にしてみてください♡

ハンドメイド作家さんも売っています*

「カリグラフィーの消しゴムハンコを作るのも難しそう…!」という方は、ハンドメイド作家さんの消しゴムハンコを使うのが良さそう*

サイズ・文章の長さによって変わりますが、2,000円前後で購入することができます。

➡カリグラフィーの消しゴムハンコ販売ページはこちら*

自分で書くのは大変だけど。「カリグラフィー風の消しゴムはんこ」があると便利*にて紹介している画像
minne.com

カリグラフィーの消しゴムハンコが便利でお洒落♡

結婚式のペーパーアイテムには、カリグラフィー風の消しゴムハンコがお洒落で便利そう♩

一つ作れば色んな場所にぽんぽんと押すことができるので、一つ作って・買ってみてください♡

➡消しゴムハンコの記事一覧はこちら*

➡カリグラフィーの記事一覧はこちら*

自分で書くのは大変だけど。「カリグラフィー風の消しゴムはんこ」があると便利*にて紹介している画像
minne.com

この記事に関連するキーワード