よく間違えられる!結婚式で人気のお花「芍薬」「ラナンキュラス」の違いを解説

2020.01.25公開
きゅん

芍薬とラナンキュラスを見分けられる?

結婚式でよく聞く人気のお花と言えば、

「芍薬」と「ラナンキュラス」。

どちらのお花もひらひらっと花びらがたくさんで、白やピンクなどの淡い色合い♡

でも!

お花好きの方ならぱっと見て「これは芍薬だ!」「ラナンキュラスだ!」と分判別できるかもしれないけれど、お花に詳しくない方だと「あれ。芍薬だと思っていたら、これ実はラナンキュラスだった!」ということも。

よく間違えられる!結婚式で人気のお花「芍薬」「ラナンキュラス」の違いを解説にて紹介している画像
@milkwd1104

この記事では、芍薬とラナンキュラスの違いを解説します。

画像をたくさん見て、見分けがつくようにしましょう*

【問題】どっちが芍薬?ラナンキュラス?

こちらのブーケは芍薬とラナンキュラスが両方使われています。

一番正面に見えるピンクのお花と、その上にある薄ピンクのお花。

どっちが芍薬で、どっちがラナンキュラスか分かりますか?

正解は、正面のピンクのお花が芍薬。上の薄ピンクのお花がラナンキュラスです♡

**芍薬について**

シャクヤクはボタン科ボタン属で、花びらが波打つようにフリルになっているのがポイント。お花の直径は10cmくらいで、茎の長さは50cm~80cmと大きいです*

「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」とも言われているように、すっと長い茎の天辺に優々と大きな花を咲かせる優雅なお花です。

お花は大きく花弁が開いているのも可愛いですが、花弁が開ききる前の状態も人気。大きくて、まん丸で、花びらの中心部分が全く見えません。

ここからは、芍薬の画像をご紹介します♩

濃いピンクと薄いピンクの芍薬花束♡

真っ白な芍薬ブーケは挙式の定番。

薄ピンクと真っ白な芍薬で可愛く♡

珍しいブルーの芍薬。ブルーの芍薬は自然には無く、白いシャクヤクを染めて作ります*

右側は開いている芍薬、左側はまだ開いていない芍薬*

ふりふりの花びらがぎゅっと詰まっている様子は、本当に可愛い♡

**ラナンキュラスについて**

一方ラナンキュラスはキンポウゲ科キンポウゲ属。お花の印象は似ているけれど、芍薬はボタン科なので全く違う植物です。

ラナンキュラスは、花びらの形が芍薬のようにフリル状ではなく、一枚一枚が直線的。花びらの数は1つのお花につき100枚以上(200枚になるものも!)あり、世界で一番花びらが多い花と言われています♡

お花の直径は6~8cmで芍薬よりも小さめ、茎の長さは30~50cmと芍薬より短めです。

花が開ききっていないラナンキュラスは芍薬に似ていますが、開くと芍薬よりも外側に向かって開き、花びらの一枚一枚に存在感があります*

ここからは、ラナンキュラスの画像をご紹介*

薄ピンクの花びらに中心の緑が透けて見えるのが可愛い♡

真っ白なラナンキュラス。大きく開いていて迫力がありますね*

ピンクのラナンキュラスは華やかです♡

蕾の状態は幾重にも花びらが重なっていて、本当に美しい*

「シャクヤク」と「ラナンキュラス」の違いは分かった?

芍薬とラナンキュラスの違いをご紹介しました*

見比べると全然違うお花なので、もう間違えることは無いと思います♡

花びらがふりふりで大きなお花が【芍薬】、

花びらが直線的で芍薬よりも小さめのお花が【ラナンキュラス】と覚えておきましょう♩

➡花材の記事一覧はこちら*

この記事に関連するキーワード