知る人ぞ知る有名店。淡路町にあるレトロで可愛い【近江屋洋菓子店】って知ってる?

2020.02.05更新!!
きゅん
5ed5a516 1673 4b1e b60f 8f6b7fb19343

近江屋洋菓子店**

近江屋洋菓子店(おうみやようがしてん)は、東京の神田淡路町にある明治17年(1884年)創業の西洋菓子屋さん。

都営地下鉄新宿線の小川町駅と、丸ノ内線の淡路町駅。そして新御茶ノ水駅や神田駅などが最寄駅の、古き良きお菓子やさん。

お菓子自体のレトロな雰囲気や、昔から使われている包装紙の可愛さが今また新しく感じる、とっても気になるお店です*

買ってみたい♡憧れるフルーツポンチ!

私が一番買ってみたいのは、このフルーツポンチ。

大きな瓶にぎっしりと、フルーツがゴロゴロ入っていて胸きゅん。

パッケージも可愛くて、ミモレ丈のパステルカラーのワンピースを着た女の子も最高に可愛い♡

リボンもピンク色で可愛くて。ピンクのオーガンジーに金色の糸が昔ながらのイメージ通りのリボンです♡

大きなボトルの中には、4〜5人分くらいの、たっぷりな量のフルーツポンチが入っています。

グラスに盛り付けたところも素敵*果物嫌いの人って少ないので、ギフトやご挨拶にぴったりのお品です*

お子様がいる家庭にも喜んでもらえそう。

近江屋洋菓子店のその他の商品*

「リーズナブルだけどチープでないものを」がモットーの近江屋洋菓子店。子供がスイーツを満面の笑みでほおばるところを想像して、素材は最高のものを使う....というのがポリシー。(最高のお店です.....!)

フルーツポンチの他にも、長く愛されるスイーツがいっぱい。

例えばこちらの一番人気の商品苺サンドショート。

ミニサイズの苺のホールケーキで、「ひとりでまるごと苺のショートケーキを食べる♡」という小さい頃の夢が叶えられるケーキだと有名。ひとつに約10個の苺が使われています♡お値段は1個800円税抜き。

郵便局の記念切手になったこともあるほど有名なショートケーキです。

知る人ぞ知る有名店。淡路町にあるレトロで可愛い【近江屋洋菓子店】って知ってる?にて紹介している画像

ソフトクリームも有名。(アイスクリームのような見た目ですが、食べてみると不思議!ちゃんとソフトクリームです♩)

喫茶店のようになっていて、中でイートインも可能。イートインの場合はドリンクバーをお願いすることができて、これが「770円とは思えないクオリティ」というのも通の間で有名な話。

高級ホテルの朝食さながらのフレッシュフルーツジュースやホットチョコレート(ココアではなく、本物のチョコレートを削って溶かして作る)やスープがいただけます♡

店内用のカップは、包装紙と同じイラスト♡近江屋洋菓子店の名物を存分に楽しんで、良質な世界を味わいたい♡

お土産用は、予約した方が安心かも*

人気店のため、早めにお店に行くか、お目当のものは取り置き・予約をして伺った方が安心。フルーツポンチは、午後にはなくなることも多いみたいです。

フルーツポンチの他にも、アップルパイやバウムクーヘンも有名です。

日本が好きなら、1度は行ってみたい日本らしい洋菓子店です*

➡︎公式Instagramはこちら**

➡︎公式サイトはこちら**

➡︎グーグルマップはこちら*〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町2丁目4

この記事に関連するキーワード