かさばらなくて、変な風に折れない!ゲストカードは「名刺サイズ」がゲストも嬉しいかも*

2020.02.28更新!!
きゅん

ゲストカードについて、ご提案♩

招待状に同封して、結婚式当日ゲストに持ってきてもらうゲストカード。

受付に来てその場で書くのではなく、事前に記入してもらって受付で手渡す方法にすれば、受付待機列の混雑緩和や、式後アルバムや冊子に挟むだけでokなので管理が楽♩というメリットがあります。

でも同時に、

「ゲストカードをなくしちゃった」

「ゲストカードを持ってくるのを忘れちゃった」

「ハガキサイズだと、微妙に大きくてゲストカードが折れちゃった」

などの事態もよくあることです。

名刺サイズのゲストカードはどうでしょうか?

そこで提案したいのが、【名刺サイズ】のゲストカード*

ゲストカードはハガキサイズが定番ですが、それよりも一回り、二回り小さい名刺くらいの大きさにするアイデアも、おすすめです。

ゲストカードを名刺サイズにすると、

お財布や小さなパーティバッグに入れられるので、なくしたり忘れたり折れたりしない、というのが何よりものポイント*

特に男性はカバンを持っていなかったり、女性の婚礼用バッグもすごく小さかったりして、ハガキサイズのカードを入れると微妙に閉まらない...なんてこともあるある。

でも名刺サイズなら、ゲストにとってもストレスを感じることなくゲストカードを持ち運びできます♩

気づいてもらえるように、台紙に挟むのが◎

ただ、招待状に同封して送るときは他のペーパーアイテムに紛れてしまう可能性もあるので、

しっかり気づいてもらえるようにこんな風に台紙に挟んで用意するのが良さそうです*

@kumi__kkさんのオーダーゲストカードは、一枚の紙に挟むタイプでおしゃれ♡

台紙の部分には

「こちらのカードを芳名帳に代えさせていただきます

お手数ですがご記入のうえ当日受付にお渡しください」

と書いておくのが◎

二つ折りタイプの台紙も良さそうです。

名刺サイズのゲストカードも良いかも♡

名刺サイズのゲストカードは、

・かさばらなくて

・小さな財布やカバンにも入るので

ゲスト的にも、うれしいサイズ感のペーパーアイテム*

これから手作りやオーダー・購入を考えている花嫁さんは、ぜひ検討してみてください。

➡ゲストカードの記事一覧はこちら

この記事に関連するキーワード