パレスホテルでも出されている高級紅茶ブランド♡選ばれし者のみが販売できる「ロンネフェルト」が気になる

2020.03.16更新!!
きゅん

知っていれば、詳しい人♡

紅茶のブランドって、いくつ知っていますか?

ルピシア、トワイニング、TGW、フォション。マリアージュフレールにクスミティーなど、世界中には数多くの紅茶ブランドがありますよね。

同じようなテーマのフレイバーでも、少しずつブランドによって違う配合を楽しんだり、

「このブランドではこの香り♡」

「このお菓子の時はこのブランドのこのお茶って決めてる♩」

なんてお気に入りを持つのも、お家ティータイムを楽しくするコツ*

この記事でご紹介する茶葉のブランドは、【Ronnefeldt(ロンネフェルト)】という、ドイツのブランドです。

(知る人ぞ知るブランドなので、初耳の方も多いかも!)

選ばれし者のみが販売できる紅茶。

ロンネフェルトは、200年前からあるドイツの最高級紅茶メーカー。

ドイツ国内の4つ星・5つ星ホテルの9割以上で提供されている他、世界的にはドバイの7つ星ホテル7つ星ホテル「バージュ・アル・アラブ(Burj al-Arab)」でも選ばれている、セレブリティな紅茶です。

日本では、パレスホテルやペニンシュラなどのラグジュアリーホテルで提供されている他、(少し意外ですが)ディズニーランドでも飲むことができます。

世界最高峰のお茶とも言われているので、1杯1000円ほどが相場の少しお高めの価格。

名古屋にはロンネフェルトのティーサロンがあり、3800円のアフタヌーンティーは紅茶がフリーフローで楽しめると人気です♡

でも実は、ロンネフェルトの紅茶は、誰でも販売できるわけではありません。ロンネフェルトの紅茶を販売するためには、ロンネフェルトにより許可を受ける必要があります。

許可を得るためには、ロンネフェルトが定める紅茶についての知識を深めるトレーニングを受けたり、試験を受けて合格する必要があります。

(少人数制で、1回のトレーニングの定員は12人のみ。資格を取りたくても、資格を取るトレーニングの予約も困難な場合もあるそうです。)

なので日本でも、限られたお店でのみ飲める&限られたお店でのみ買えるとっても貴重な紅茶なのです♡

ポットも砂時計もすごい♡

ブランドオリジナルのポットも、特徴的。

不思議の国のアリスのような、変わった形のポットですよね。(倒れているし、注ぎ口が上を向いています...!)

これは、ポットの中で茶葉が必要以上にお湯に浸からずに、紅茶が濃くならないようにと設計されたデザイン。

蒸らした後は茶葉がお湯に浸からないようになっている、「これぞ紅茶好きの為のポット!!」という商品です。

「ティータイマー」と呼ばれる、砂時計のようなものもシンボリック。なんと、「下から上に」青い粒子が舞い上がるようになっています。

不思議で、いつ見ても飽きません。

環境保護・社会貢献のスタンスも素敵♡

ロンネフェルトの紅茶は、このように紙袋で販売されています。外国らしいデザインが素敵ですよね。

紅茶は、多くの場合缶で販売されていることが多いのですが、ロンネフェルトはそれを「環境に悪い。ゴミを増やすだけだ」と拒否。

代わりに紙袋を使い、使用後その紙袋を店頭に持っていくと、20円で買い取ってもらえます。そしてその使用済みの袋をリサイクルして50円で販売していて、1つ売れるごとに発生する30円の売り上げを全て、日本の環境団体に寄付するという取り組みを行なっています。

環境問題や社会問題に対して、政府任せにせずに一人一人が取り組むのは当たり前というヨーロッパやドイツの考え方を日本にも広めようとしています*

(これだけでも素敵なブランドですよね!)

どこで買えるの?

ティーサロンや、認定を受けたお店で飲み、販売&提供可能なロンネフェルトの紅茶。

東京では、最近唯一のロンネフェルト認定ティーブティックが代々木に出来、代々木villageにお店があるので購入することが出来ます♩

1袋100gで買うこともできるし、ティーバッグで少量を買うこともできるのが嬉しい♡

ティーバッグは2つで500円。試してみるのに&プチギフトにするのにもぴったりの価格です♡

ティーバッグの仕組みも面白くて。こんな風に、カップの取手に引っ掛けて使うんです♩

➡︎楽天でも購入できます***

お店に行って、飲んでみたい♡

ドイツの老舗最高級紅茶ブランドロンネフェルト。

知る人ぞ知るこだわりブランドなので、まずはお店に行って&お家用に通販してお味を試してみてください♩

この記事に関連するキーワード